新宿御苑の不動産屋ブログ 【新宿二丁目】

レズビアン・ゲイ・おかま・おなべ・ニューハーフ・バイセクシャル・トランスジェンダー・ニューハーフ・ドラァグクイーンのゲイフレンドリーな不動産屋のブログです。 あくまで趣味のブログですので、お仕事のご要望にはそえない場合があります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

HIVに感染して13年がたつ、男性の実生活に密着取材しました。

HIVに感染して13年がたつ、ある男性の実生活に密着取材しました。現在の日本が抱える問題の本質を探ります。
社会を揺るがした輸血のHIV感染。
素顔で語るHIV陽性者の本音と、知られざる現実を取材しました。

休日を友人と過ごす高久陽介さん(38)。
高久さんは「自分で保健所に行って、検査を受けてHIVがわかったので。エイズは発症するところまでは行かず...」と話した。
自身がゲイであること、そしてHIV陽性者であることをカミングアウトしている。
高久さんが自分のHIV感染を知ったのは、13年前。
東京都内の保健所で受けた匿名検査だった。
日本HIV陽性者ネットワークNPOジャンププラス・高久陽介さんは「保健所に入るのに、まずちょっと勇気はいったかなと思いますね。すごく丁寧に対応してもらえたし、プライバシーにも気を遣っているのがわかったので、それは(保健所の)中入ってからは、すごく安心できた」と話した。
高久さんは、保健所の指導や身近にHIV陽性者がいたことから、早期に治療を開始。
それは、毎日必ず薬をのみ続けることだった。
高久さんは「今、こういう薬を、わたしはいつもかばんに入れて持ってますね。月曜日だと、ピンクのものを1錠ですね、朝のんで、このピンクのと、青いのを、これを夜のんで、終わりですね」と話した。
現在、エイズ予防財団に非常勤職員として勤務している高久さん。
かつては、治療薬の強い副作用に悩まされたが、それも大きく軽減された。
高久さんは「日頃、ほとんど病気のことも意識してないぐらい、本当に普通の人と同じように暮らしている」と話した。
1980年代のエイズパニック。
HIVに感染すると、エイズを発症、死に至ることが避けられず、恐怖のイメージが定着した。
現在では、HIV感染後の進行を食い止めることが可能になっている。
国立国際医療研究センター病院エイズ治療・研究開発センターの潟永博之医師は「放っておけば、エイズは発病してしまう。そして命を落としてしまうわけですけれども、きちんと定期的に外来に通っていただいて、しっかり服薬していただくことによって、おそらくHIV関連の病気『エイズ』は発病しなくて済む。そして、社会生活も続けられるというところまで来ています」と話した。
世界全体で見ると、HIVの新規感染者数は、2001年と比較すると33%減少している。
だが、日本は2012年だけで、HIVの新規感染者数は1,002件、エイズ新規患者数は447件。
まだ、確実な減少傾向に転じていない。
感染拡大防止の鍵を握る検査。
今、日本では、匿名性と手軽さから、郵送検査キットの利用が拡大しており、年間6万件を超える。
2013年のHIV輸血感染は、「検査目的の献血」とした厚労省。
一方、高久さんは、エイズに対する過剰な恐怖感や、周囲の偏見を恐れる心理が問題の背景にあると指摘する。
高久さんは「HIVっていうのが、『あってはいけないもの』っていうか、『なったらおしまい』っていう。『恐怖』とか『死』とか、そのイメージが変わらないと、自分の健康のために、前向きに受けに行くっていうことは、なかなか、心当たりがあっても(検査に)行けないんじゃないかなと思うので」と話した。
HIVの啓発活動を行うNPOに所属する高久さんは、献血現場の意外な実態を知った。
高久さんは「実際にHIVの陽性がわかった人の中にも、献血に行って、『本当は教えちゃいけないんだけど、あなたの健康のために』と言って、教えてもらって、それで初めてHIVがわかったっていう人が結構いるので」と話した。
「検査結果を伝えることは、さらなる検査目的での献血を誘発してしまう」として、高久さんのNPOは、日赤に実態調査を求めた。
献血事業のある関係者は、取材に対して「人道的な配慮で、HIV陽性の結果を伝えるケースはある」と答えている。
これについて、日本赤十字社血液事業本部・中野顕彦広報係長は「日本赤十字社の血液事業としては、『HIVの感染が陽性である』というのが、(献血後の)検査でわかった方に対しての通知というのは、『事業』としては行っておりません」と話した。
高久さんのように、保健所や病院でHIV検査を受けることは、早期発見、早期治療へと、確実に結び付く。
そのためには、エイズの正しい知識の普及と、偏見の解消が、社会全体に求められている。

動画はコチラ
関連記事

| 同性愛ニュース | 12:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://lgbt-estate.jp/tb.php/999-b325b45e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT