新宿御苑の不動産屋ブログ 【新宿二丁目】

レズビアン・ゲイ・おかま・おなべ・ニューハーフ・バイセクシャル・トランスジェンダー・ニューハーフ・ドラァグクイーンのゲイフレンドリーな不動産屋のブログです。 あくまで趣味のブログですので、お仕事のご要望にはそえない場合があります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ロシアで同性愛者への暴力増加、HRWが警鐘

【AFP=時事】米ニューヨーク(New York)を拠点とする国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチ(Human Rights Watch、HRW)は21日、ソチ冬季五輪の開幕を目前に控えたロシアで、同性愛者を狙った暴力などの「深刻な」人権問題が起きていると発表した。


 同団体のロシア代表を務めるタニヤ・ロクシナ(Tanya Lokshina)氏は声明で、ロシアの人権状況をめぐっては「同性愛嫌悪に基づいた暴力の増加」や「国営メディアでの同性愛嫌悪的表現の使用」といった「多くの深刻な問題」が存在すると指摘した。

 同団体は、ロシアでの2013年の人権状況に関する報告書の中で、元石油王で反政権派のミハイル・ホドルコフスキー(Mikhail Khodorkovsky)氏や国際環境保護団体グリーンピース(Greenpeace)の活動家ら、女性パンクバンド「プッシー・ライオット(Pussy Riot)」のメンバーの釈放により状況は改善したとしつつも、露政府は「市民社会と反政権派に対する締め付け」を継続したと指摘。

 特に、「同性愛のプロパガンダ(宣伝)」を禁じ、西側諸国から厳しく非難されている反同性愛法に焦点を当て、「これらの法律についての議論には、当局者などによる同性愛嫌悪的な表現、同性愛嫌悪に基づいた暴力の増加が付随している」と述べている。


■悪質な暴行事件も

 報告書では、「過激なナショナリスト(国粋主義者)やネオナチ(Neo-Nazi)で構成される複数の自警団」が、同性愛者をおびき出した上で暴行を加え、その様子をビデオカメラで撮影してソーシャルメディアに投稿する事例が発生していると説明。一例として、「2013年9月には、ロシア在住のウズベク人を銃で脅し、同性愛者であることを自白させた上で、性的暴行を加える場面を写した動画が出回った」ことを指摘している。

 こういった事件についてロシア当局は数件の捜査を実施したものの、「効果的な刑事責任の追及には至っていない」という。

 同団体は同時に、「LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)の活動家に対する攻撃や嫌がらせも同様に増加した」と指摘した。

 ロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領は、自身の政策が反同性愛的だとの批判を繰り返し否定してきており、19日には、来月7日に開幕するソチ五輪では全ての同性愛者の選手や観戦客を歓迎すると述べている。【翻訳編集】 AFPBB News
関連記事

| 同性愛ニュース | 11:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://lgbt-estate.jp/tb.php/968-e7022b3f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT