新宿御苑の不動産屋ブログ 【新宿二丁目】

レズビアン・ゲイ・おかま・おなべ・ニューハーフ・バイセクシャル・トランスジェンダー・ニューハーフ・ドラァグクイーンのゲイフレンドリーな不動産屋のブログです。 あくまで趣味のブログですので、お仕事のご要望にはそえない場合があります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

MAXが後輩グループにエールを送るも「私たちのライバル」 今後の展望も語る

ダンスユニット・MAXが今夏にリリースした『Tacata’』が現在ゲイシーンで大ブレーク中だ。また、歌詞に散りばめられた独特なフレーズやラテンのリズムは、中毒性が高いとネット上でも話題となり、ミュージック・ビデオのYouTube再生回数は300万を超えた。この現象をどう捉えているのか、本人たちに聞いてみた。 イタリアの DJ グループ・タカブロのラテン系ダンスチューンをカバーした『Tacata’』。この曲の第一印象についてNANAは「まず、オリジナルのミュージック・ビデオを見せていただいたんですけど、その時も『タカタタカタ…』とすごい印象的で、皆でリピートして聞いていました」とかなりの衝撃を受けたようだ。日本語詞がついた後も「私たち自身もこのような詩は初めてだったので、この詩を生かせるだけのパフォーマンスをしなければならないと感じました」と本腰を据えたという。

iyqgeufiqguoifhoq.jpg


 「笑う門にはTacata」、「ユニバーサル言語Tacata」、「本来の姿Tacata」。このユニークな歌詞の楽曲がリリースされてから約半年になる。歌っているなかで、楽曲の印象に変化はあっただろうか。「何度歌ってもいろんな『Tacata’』のよさが出てきて、飽きないんですよ。私たちでさえも癖になってしまったようです」とMINA。続いてLINAも「今までいろんな曲を歌ってきましたが、今回は反応が新鮮です。『笑われてるのかな』って思う瞬間もあるんですけど、皆が楽しんでいる雰囲気が伝わるので、たまりません」と笑顔で答えた。

 昨年8月に同曲を引っ提げて、ゲイの祭典『TOKYO GAY NIGHT』に出演。先月7日には、レズビアン・ゲイのアワード『TSSA 2013』でカルチャー賞を受賞した。歌詞には「men/woman以外もTacata」というフレーズもあり、ゲイシーンでは「この曲を聴くと元気になる」といった声が挙がっているそうだ。 NANAとLINAは新宿2丁目の常連メンバー。「ありがたいことなんですけど、リリース後は忙しくて2丁目に行けてないんですね。その界隈のお友達から『とにかくすごいことになってるから、来てよ』とお誘いのメールをいくつもいただいているんですが…」と話すNANAは残念そう。LINAも同じような状況のようで、「2丁目に遊びに行けていないということが、2013年にやり残したことですね。東京に限らず大阪、名古屋などの地方のゲイの人たちからも『この曲最高!』というメールをいただいています」と話し、にっこりと笑った。

 さらに、イベントなどで『Tacata’』を歌マネする人へ向けて、ダンスや歌のポイントを教えてもらった。LINAによると「歌はなりきるしかないですね。きれいに日本語で歌うというより、ビートにのせて、英語のようなニュアンスで歌っているので、恥ずかしがらずにどれだけやりきるかがポイントですね」とのこと。MINAは「エクササイズ要素を取り入れながら振り付けをしているので、宴会にはもってこいだと思います。衣装は、赤青黄色というカラーがテーマになっているので、そのあたりを意識してもらえれば」と答えてくれた。

 MAXは1995年デビュー。ユーロビートをJ‐POPのスタンダードにした彼女らは、今まで第一線を走ってきた。最近になって、E‐girlsなどの登場により、女性ダンスグループが再注目されている。

 「皆、上手になったなあと思います。私たちがダンスを始めたころと違って、いろんなジャンルのダンスをそれぞれが覚えてきているので、レベルはすごく上がっているなと感じますね。でも、そこから勝ち抜くのはもっと大変です。皆が踊れるようになっているので、技術だけではなく他とは違う個性を見せていかなければならないでしょうね」と語るNANA。また、「好きこそものの上手なれじゃないですけど、気持ちを持続させることが大事なんじゃないかなと思う」と付け加えた。

 どんな仕事でもそうだが、一つのことを続けていると自分の中で飽きてしまったり、ある程度のレベルで満足してしまうことがある。「そうなると続けていくのが難しくなるので、『もっと、ああしてみたい』とか、技術的には欲張ってもいいんじゃないかなと思っています」とNANA。共感を示す2人も「後輩たちに頑張ってほしいという気持ちもあるが、私たちのライバルでもある」と断言していた。

 今後のMAXはどうなっていくのだろうか。「今回の『Tacata’』はMAXにとって新たな一歩です。これからも世間をざわつかせていきたいなと思っています」とNANAは意気込む。現在はもう一人のMAX・Reinaが育児休暇中。「まだ先ですが、4人で活動をしていきたいです」と3人の目は将来を見据えていた。(取材・文・写真:梶原誠司)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140109-00028759-crankinn-musi
関連記事

| ゲイ・おかまライフ | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://lgbt-estate.jp/tb.php/936-2eb3174b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT