新宿御苑の不動産屋ブログ 【新宿二丁目】

レズビアン・ゲイ・おかま・おなべ・ニューハーフ・バイセクシャル・トランスジェンダー・ニューハーフ・ドラァグクイーンのゲイフレンドリーな不動産屋のブログです。 あくまで趣味のブログですので、お仕事のご要望にはそえない場合があります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

元独代表のヒッツルスペルガー、同性愛者と告白

元ドイツ代表のトーマス・ヒッツルスペルガー氏が、ドイツ『ツァイト』の中で、同性愛者であることを告白した。

imagesCAWQPZX3.jpg


バイエルン・ミュンヘン下部組織出身のヒッツルスペルガー氏は、2000年にアストン・ヴィラに加入し、プロ選手としてのキャリアの前半をプレミアリーグで過ごした。2004年からはドイツ代表に選出され、2006年ワールドカップ、EURO2008もメンバー入りし、A代表のキャップ数は52試合としている。

2007年にシュトゥットガルトでリーグ優勝に貢献した後、ラツィオ、ウェスト・ハム、ヴォルフスブルクと移籍を繰り返し、2012年10月から昨年夏までエヴァートンに所属。以降、フリーとなっていたヒッツルスペルガー氏は、昨年9月にケガを理由に現役から引退した。

そのヒッツルスペルガー氏が、母国のメディアでゲイであることをカミングアウトした。現在コラムニストを努めるヒッツルスペルガー氏は、近年になって自身の嗜好を自覚したとし、「男性と生きる方が良いと分かった」と話している。

ヒッツルスペルガー氏は「プロアスリートにおける同性愛についての議論を前進させたい」とカミングアウトしたとのこと。サッカー界では同性愛が「単に無視されている」とし、「イングランド、ドイツ、イタリアでは、同性愛は真剣な問題ではなかった」と述べている。

同氏は「20人の男がテーブルで飲んでいるんだ。想像してくれ。自分をマジョリティーにしなければいけない。まあまあ面白いジョークで、同性愛に関する発言が侮辱的すぎなければね」も語った。

なお、ヒッツルスペルガー氏は、ドイツ代表のヨアヒム・レーブ監督やチームマネジャーのオリバー・ビアホフ氏にも、同性愛について伝えていたとしている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140109-00000002-goal-socc
関連記事

| ゲイ・おかまライフ | 11:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://lgbt-estate.jp/tb.php/931-b6298fb6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT