新宿御苑の不動産屋ブログ 【新宿二丁目】

レズビアン・ゲイ・おかま・おなべ・ニューハーフ・バイセクシャル・トランスジェンダー・ニューハーフ・ドラァグクイーンのゲイフレンドリーな不動産屋のブログです。 あくまで趣味のブログですので、お仕事のご要望にはそえない場合があります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【サッカー】独サッカークラブ、レインボー旗で同性愛への理解示す 一方、ゲイの現役ブンデスリーガ選手はカムアウト後の身の危険を心配

ドイツ・ブンデスリーガ2部のザンクトパウリ(FC St. Pauli)は11日、性の多様性への支持を象徴するレインボー
フラッグを本拠地スタジアムに掲揚すると発表した。

「当クラブはここ数年間、ホモフォビア(同性愛嫌悪)や差別に反対してきました。レインボーフラッグを掲げる
ことにより、ザンクトパウリがこの問題に真剣に取り組んでいることを大いに主張することができます」と
クラブ幹部は話す。

ゲイとレズビアンのためのザンクトパウリ・ファンクラブに属している会員は、クラブの今回の取り組みを
支持する。そして、もしブンデスリーガ1部のクラブがザンクトパウリに倣えば、それは「サッカー界にとって
飛躍的な進歩」になると語った。

ドイツでは、昨年の9月にアンゲラ・メルケル(Angela Merkel)首相がゲイのサッカー選手が恐れずにカミング
アウトできるようになるべきだとコメントして以来、サッカー界の同性愛者についてよく取り上げられるように
なった。

メルケル首相は、「強さと勇気を持った人なら知っているはずです。ドイツが恐れずにいれる国だということを」
とコメントした。

ドイツの政界ではギド・ヴェスターヴェレ(Guido Westerwelle)外相やクラウス・ヴォーヴェライト(Klaus
Wowereit) ベルリン(Berlin)市長など、同性愛であることを公言しているが、ブンデスリーガには1人も
カミングアウトしている選手はいない。

ドイツ・サッカー協会(German Football Federation、DFB)は、もし選手がカミングアウトした場合、クラブとして
どうメディアやファンに対応すればいいか、各クラブに対策をアドバイスする計画を立てている。

■カミングアウトするべきか否か?サッカー界でも2分する見解
ドイツ代表のマリオ・ゴメス(Mario Gomez)は2011年に、ゲイであることをオープンにした選手は「解放された
気分でプレーできるだろう」とコメントし、「同性愛であることは、もうタブーであるべきじゃない」との考えを示した。

一方で、ドイツ代表の主将を務めるフィリップ・ラーム(Philipp Lahm)はゴメスと反対意見を持つ。
「ゲイの選手がカミングアウトしたら、攻撃の的になるだろう。とても辛くなると思う」とラームは独週刊誌「Bunte」
とのインタビューで話した。

また、匿名で雑誌「Fluter」の取材に応じたゲイの現役ブンデスリーガ選手は、同性愛を公言した場合、身に
危険を感じるようになるだろうと語る。

「ブンデスリーガでプレーをするという夢を叶えるために払った代償は大きい。私は演技をして、毎日自分に
嘘をつき続けなければいけない」

「最初の方は問題なかったが、時間が経てば経つほど、とても難しくなってきている」

http://www.afpbb.com/article/sports/soccer/germany/2955481/11030146

関連記事

| 新宿区ニュース&事件 | 10:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://lgbt-estate.jp/tb.php/870-1ae97d5b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT