新宿御苑の不動産屋ブログ 【新宿二丁目】

レズビアン・ゲイ・おかま・おなべ・ニューハーフ・バイセクシャル・トランスジェンダー・ニューハーフ・ドラァグクイーンのゲイフレンドリーな不動産屋のブログです。 あくまで趣味のブログですので、お仕事のご要望にはそえない場合があります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

イアン・マッケラン、ゲイ活動家の式典に出席!直撃インタビュー

 [シネマトゥデイ映画ニュース] 9月29日、ロンドンの人権活動家ピーター・タッチェルのブルー・プラーク除幕式に登場したイアン・マッケランが、式終了後インタビューに応じた。

N0027340.jpg


 ブルー・プラークはイギリスで著名人が住んだ家などに設置される青色の丸いプレート。ジョン・レノンからチャールズ・ダーウィンや夏目漱石、変わったところではシャーロック・ホームズのものもある。現在イングリッシュ・ヘリテイジが管轄団体となっているが、近年、地方自治体などによっても設置されている。今回はロンドンのサウスワーク区によるもので、一般投票により選出された。ヘリテイジが選ぶものとは違い、現存する人物となった。タッチェルは40年にわたり活動している。ジンバブエのムガベ大統領に市民逮捕を試みたことでも知られ、最近では、法王の来英にあたり、イギリスのテレビ局チャンネル4でドキュメンタリー番組のプレゼンターも務めた。表向きゲイを禁じながら、神父による少年の性的虐待事件が続いたことなど、カトリック教会の様々な矛盾とそれに対する法王の態度を追及するものだ。

 除幕の任にあたったマッケランもゲイの人権のために長く活動してきた。「活動は自分の中で大きな部分を占めている。活動するうちにピーターにも出会った。私にとっては、ちょっとしたヒーローだよ。ピーターは危険な目にあいながら活動してきた。それが今は人間国宝ってとこだよ。それだけ時代が変わったということでもあるね」と喜びを分かち合っているようだ。ブルー・プラークが掲げられた、タッチェルが今も住む低所得者用公共住宅は、かつて襲撃されたこともあった。

 数多くの賞、サーの称号も授与され、イギリスで最も尊敬される俳優の1人でもあるマッケランだが、タッチェルのブルー・プラークを「私は、これほど大きいものを、もらったことはないよ。これは人々によって選ばれたものだから」と謙遜する。自身も、いつかブルー・プラークに名を刻むことになるのではと聞くと「それはないと思うな」と破顔一笑した。(取材・文:山口ゆかり / Yukari Yamaguchi)
http://www.cinematoday.jp/page/N0027340
関連記事

| ゲイ・おかまライフ | 14:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://lgbt-estate.jp/tb.php/713-b5a19082

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT