新宿御苑の不動産屋ブログ 【新宿二丁目】

レズビアン・ゲイ・おかま・おなべ・ニューハーフ・バイセクシャル・トランスジェンダー・ニューハーフ・ドラァグクイーンのゲイフレンドリーな不動産屋のブログです。 あくまで趣味のブログですので、お仕事のご要望にはそえない場合があります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

メディア騒然!英外相に仰天ホモ不倫疑惑

 英国のウィリアム・ヘイグ外相(49)に、自身が任命した特別顧問の男性(25)との『同性愛不倫疑惑』が持ち上がり、英メディアが騒然となっている。メディア嫌いのヘイグ外相にしては珍しく「真っ赤なウソ」などと声明を出して事態の沈静化をはかったが、かえって火に油を注ぐ結果となっている。

sha1009080504007-n1.jpg

 6日(日本時間7日)付のデーリー・テレグラフ紙などによると、ヘイグ外相の“お相手”はクリストファー・マイヤーズ氏。ヘイグ外相は野党時代の今年1月、マイヤーズ氏を伴ってアフガニスタン駐留英軍を公費視察した。しかし、この時点でマイヤーズ氏は公的な肩書はなく、外交や軍事の専門家でもない。

 さらに今年5月の総選挙中、北アイルランドのホテルでツインルームに一緒に滞在。マイヤーズ氏は運転手役だった。

 2人についてのウワサは8月20日ごろからネットで出回り始めた。たまりかねたヘイグ外相は9月1日、疑惑を「真っ赤なウソ」と全否定する声明を出した。

 マイヤーズ氏は「家族の精神的負担」を理由に声明と同じ9月1日に辞任したが、特別顧問として年俸約3万ポンド(約390万円)が税金から支払われ、情実人事との指摘もある。

 この声明でヘイグ外相は、13年間連れ添った妻が何度も流産したことも公表した。ヘイグ外相はインタビューなどに1度も登場したことがないほどのメディア嫌い。それだけに声明は極めて異例だった。キャメロン首相(43)はヘイグ外相の更迭を否定しているが、与党保守党から進退の判断を求める声が上がっている。

 英国では今年5月に議員経費不正請求問題で辞任した財務担当相が、同性愛者だと認めている。
http://www.sanspo.com/shakai/news/100908/sha1009080504007-n2.htm
関連記事

| 同性愛ニュース | 10:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://lgbt-estate.jp/tb.php/685-37e8559f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT