新宿御苑の不動産屋ブログ 【新宿二丁目】

レズビアン・ゲイ・おかま・おなべ・ニューハーフ・バイセクシャル・トランスジェンダー・ニューハーフ・ドラァグクイーンのゲイフレンドリーな不動産屋のブログです。 あくまで趣味のブログですので、お仕事のご要望にはそえない場合があります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

フィアット500に「ゲイ仕様」

(レスポンス) フィアットオートのスペイン法人は今月3日、首都マドリッドで開催された「ゲイ・プライド・パレード」に合わせ、フィアット『500』と『500C』をベースにした特別仕様車を市内に展示した。

thumb_Fiat500.jpg

マドリッドのゲイ・プライドは、同性愛者の権利拡大をスローガンに、毎年30を超える山車や、約300万人の同性愛者・支持者が行進する。

スペインは歴史上カトリック文化の強い国であるが、2005年の法改正でローマカトリック教会の反対を押し切り、同性カップルの婚姻と養子縁組を認めた。それをきっかけに、同性愛者の間ではリベラルな国として捉えられるようになった。

今回用意された5台の特別仕様車は、市中心部に位置するバスケス・デ・メリャ広場に展示された。

そのうちの1台、「500C Drag」は、真っ赤なスパンコール加工の生地に、同色の羽根があしらわれている。いっぽうブラックレザーのボディに鋲付きベルトがかけられているのは 「500C Leather」だ。ボディサイドにはジッパーも施されている。ゴールド仕上げの「500C Lesbo」は、リアシートに巨大な口紅が搭載されている。加えて、ぬいぐるみの熊をイメージした「500 Oso」と、ディスコのミラーボール状にボディ全面を覆った「500 Cool」も展示された。

また各車の横に、それぞれのイメージに合わせた男女のモデルも配置された。

いずれのモデルも発売予定のない“ショーカー”であるものの、フィアットは500シリーズに豊富な色、エンジン、内装、アクセサリーがあることをアピールするのに役立てたかたちだ。

従来ゲイ・カルチャーを避ける傾向にあった保守的な自動車業界だけに、今回のスペイン法人のプロモーションはかなり勇気ある試みといえよう。
http://www.gaylife.co.jp/news/2944/3015.html
関連記事

| ゲイ・おかまライフ | 10:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://lgbt-estate.jp/tb.php/612-5fbb522d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT