新宿御苑の不動産屋ブログ 【新宿二丁目】

レズビアン・ゲイ・おかま・おなべ・ニューハーフ・バイセクシャル・トランスジェンダー・ニューハーフ・ドラァグクイーンのゲイフレンドリーな不動産屋のブログです。 あくまで趣味のブログですので、お仕事のご要望にはそえない場合があります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ボーイズラブ映画、男同士の濃厚キスシーン公開

(シネマトゥデイ) 6月15日付けのオリコンDVD映画デイリーランキングで1位を獲得した、累計400万部のボーイズラブ小説が原作の映画『タクミくんシリーズ 美貌のディテイル』で濃厚キスシーンを披露した浜尾京介と渡辺大輔が映画の見どころについて語った。

Takumikun.jpg


浜尾は初主演作を務めた「タクミくんシリーズ」2作目の映画『虹色の硝子』に続いて、主人公・託生を熱演。「もっと役のことをわかってないといけないな」という前回の反省を生かして撮影に臨んだのだという。「撮影現場は本当に男子校みたいな感じで、とても楽しい雰囲気でした!」と浜尾は撮影を振り返った。だが今回は「人間接触嫌悪症」を再発したという設定だったため、役づくりのことも考え「あまり輪に入れなかったです」と複雑な気持ちがあったことをポツリ。それでも「どんなに怒ったり、泣いたり叫んだり、不安になっても託生はギイのことを考えている、ギイのことを本当に愛しているんだってことを意識して演じました!」と力いっぱい語ってくれた。

そんな浜尾の恋人役・ギイを演じた渡辺も前作からの続投。「2回目ということでキャストやスタッフのみんなと連携やコミュニケーションができていて、雰囲気も良かった」という渡辺だが、今回は託生とギイの気持ちのすれ違いがメイン。芝居のプランを前もってあまり話し合わなかったそうで、浜尾は「それで、お互いつくってきた気持ちがぶつかり合って、自然に気持ちがすれ違ったのかなって思います!」とリアリティーの秘けつを教えてくれた。渡辺も、本作の見どころである二人の掛け合いの裏では「やはり、託生との距離感をかなり意識して演じました」と繊細な心持ちでいたことを明かした。

二人のほかにも、脇を固める美青年たちには1作目から出演している赤池役の滝口幸広や、ミュージカル「テニスの王子様」にも出演している馬場良馬、紅葉美緒、川隅美慎らがそろい、個性豊かなキャラクター陣を演じる。DVDには本編では映っていないシーンが特典として付いてくるというのも要チェックだ。「ボーイズラブなので、女性の皆様は自分たちに置き換えて観ることが難しいとは思いますが、人と人の心情の流れに注目してみると共感できる部分もあると思います」と渡辺も漏らしたように、ボーイズラブでも人を思う気持ちは同じ。ラブストーリーが好きな人は挑戦してみる価値ありだ。

DVD『タクミくんシリーズ 美貌のディテイル』は現在発売中(税込み:5,880円)

http://www.gaylife.co.jp/news/2869/2970.html
関連記事

| ゲイ・おかまライフ | 15:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://lgbt-estate.jp/tb.php/587-ceab3930

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT