新宿御苑の不動産屋ブログ 【新宿二丁目】

レズビアン・ゲイ・おかま・おなべ・ニューハーフ・バイセクシャル・トランスジェンダー・ニューハーフ・ドラァグクイーンのゲイフレンドリーな不動産屋のブログです。 あくまで趣味のブログですので、お仕事のご要望にはそえない場合があります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

阿部力ら若手イケメン俳優で描く、ゲイの世界

 若手俳優、阿部力らが出演、ゲイの男たちの孤独と苦悩を描く舞台「真夜中のパーティー」が7月に東京・PARCO劇場で上演される。本公演を前に、7日、同劇場で製作発表会見が行われた。

sffg


 「真夜中のパーティー」は、ゲイの男たちによる誕生日パーティでの一夜の出来事を描く物語。1968年にオフ・ブロードウェイで初演、1970年には映画化もされ、ハリウッド史上初めてゲイを真正面から描いたと評された作品だ。日本でも過去何度も上演されて話題を呼んだ名作で、今回は青木豪の演出、小田島恒志の新訳で上演する。出演は若手俳優を中心に、阿部力、内田滋、徳山秀典、中村昌也ほか。

 会見では、阿部力が開口一番「どーも。マイケルです」としなを作りながら笑いをとったが、役について聞かれると一転、「怒ったり、笑ったり、ゼロから100まで一気にとんじゃう役。どこまで役に近づけるかが課題」と真剣コメント。マイケルの恋人役の内田滋は、「阿部さんとは会っていないときも、酒を飲みながら、お互いの写真を眺めて役を深めていきたい」「実はネットで検索して、もうプロフィール写真をプリントしました」と笑顔で答えた。浮気性のカメラマン・ラリー役の徳山秀典は、「男性も女性も魅了されるようなラリーを演じることができたら」と話し、出演者の中で一番の若手、中村昌也は「阿部さんとキスシーンがあるので、本番までにメチャクチャ歯をみがきます」と愛嬌をふりまいた。

 演出の青木は、「作品ではゲイを扱っていますが、テーマの根本にあるのは人間の孤独感。そこを見ていただけたら」と語る一方、「劇場でなければ味わえない濃密な空気感、このアンサンブルならではの空気感を出していきたい」と意気込みを語った。若手イケメン俳優のアンサンブルに期待が集まる。

公演は、7月4日(日)から19日(月・祝)まで、東京・PARCO劇場で。


http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/stage/theater/20100608-OYT8T00803.htm
関連記事

| ゲイ・おかまライフ | 18:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://lgbt-estate.jp/tb.php/570-4441dca8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT