新宿御苑の不動産屋ブログ 【新宿二丁目】

レズビアン・ゲイ・おかま・おなべ・ニューハーフ・バイセクシャル・トランスジェンダー・ニューハーフ・ドラァグクイーンのゲイフレンドリーな不動産屋のブログです。 あくまで趣味のブログですので、お仕事のご要望にはそえない場合があります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

不動産屋の怖い話⑪廃旅館

ここは廃旅館。

この旅館のトイレに幽霊が出るという。

俺は1人で旅館のトイレに向かった。

カビ臭い廊下をギシギシ歩くと、廊下の奥にそのトイレがあった…

俺は覚悟を決め、トイレのドアを開けた。

そこには…

首を吊った男がぶらさがっていた…

真っ赤な目が俺を睨み付けている。

間違いなく死んでいるであろうその男の口がゆっくりと動いて、この世の者とは思えない低い声で俺にこう言った。



「またお前かよ!」


全く…
(またお前かよ)は無いだろう…雰囲気が台無しだ。

苛立つ俺に、男は呆れた口調で言った。

「お前は二階の部屋で服毒自殺したんだろ。ちゃんと二階の部屋に居ろよ。」

男の言う事も分かる。
俺は男に言った。

「だってさ、もう二年もこの旅館には人がきて無いんだぜ…
暇で暇でしょうがないよ。」

と、その時だった。

廊下を誰かが歩いている音がした。

俺と男は素早くトイレに隠れた。

足音が近づく…

どうやらこのトイレに向かってるようだ…

男は首を吊って準備万端だ。

トイレのドアがゆっくり開いた。若い少女が真っ青な顔をして立っていた。

男は真っ赤な目で睨み付けながら言った。


「またお前かよ!」


それは裏山で自殺したエリちゃんだった。

エリちゃんは笑いながら言った。


「だって二年も誰もこないんだもん。退屈で死んじゃうわ。」


幽霊が死んじゃうわって…

俺がツッコミをいれようとしたその時だった。

誰かが廊下を歩いてくる音がした。


3人は素早くトイレに隠れた。

足音が近づく…

どうやらこのトイレに向かってるようだ。


男は首を吊って準備万端だ。


トイレのドアがゆっくり開いた。

そこには、頭に矢が刺さった落武者が立っていた。


男は真っ赤な目で睨み付けながら言った。



「みんな…そろそろ成仏しよっか!」
関連記事

| 不動産屋の怖い話 | 11:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://lgbt-estate.jp/tb.php/555-fd81dd5f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT