新宿御苑の不動産屋ブログ 【新宿二丁目】

レズビアン・ゲイ・おかま・おなべ・ニューハーフ・バイセクシャル・トランスジェンダー・ニューハーフ・ドラァグクイーンのゲイフレンドリーな不動産屋のブログです。 あくまで趣味のブログですので、お仕事のご要望にはそえない場合があります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ゲームとゲイの深い関係……同性結婚・ぱふぱふ・解雇問題……

ゲームとゲイの関わりは深く長いもののようです。

海外ゲームサイトGoNintendoは「ビデオゲームにおけるゲイ・ライツ(同性愛者の権利)の歴史」と題した画像を発表しています。

ゲームとゲイの関係というユニークな着眼点、興味深いところを見ていきましょう。

1988年には『スーパーマリオUSA』で「自分を女性だと思っている(当時の海外版マニュアルの記述による)」キャサリンが登場。

1992年の『ドラゴンクエストIIII』海外版では「ゲイバーが発売前に削除された」(“ぱふぱふ”が占い師に差し替えられたことを指す?)といいます。

1996年の『SimCopter』はプログラマーのJacques Servin氏がビキニの男性がキスするシーンをゲーム内に仕込んだとして解雇。

1998年の『Fallout2』で同性同士の結婚が初めて導入され、2004年の『Fable』以降は同性をパートナーにしたりゴールインしたりといった描写が増えていることが分かります。

近年のゲームはソーシャルな繋がりがキーワードとなっていますから、同性のパートナーシップをいかに描写するかは一つの課題となりそうです。

http://www.inside-games.jp/article/2010/05/15/42053.html


個人的に追加

【ポイズン】
『ファイナルファイト』では当初女性だったのだが、レディファーストの国アメリカでは
「女性を殴るとはけしからん」となってしまうため、ニューハーフという設定で乗り切ったらしい。

poison.gif

おい!それも問題あるぞ!
と私は思う・・・・・。


関連記事

| ゲイ・おかまライフ | 10:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://lgbt-estate.jp/tb.php/530-ebb9232a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT