新宿御苑の不動産屋ブログ 【新宿二丁目】

レズビアン・ゲイ・おかま・おなべ・ニューハーフ・バイセクシャル・トランスジェンダー・ニューハーフ・ドラァグクイーンのゲイフレンドリーな不動産屋のブログです。 あくまで趣味のブログですので、お仕事のご要望にはそえない場合があります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

新宿に「九州」テーマの居酒屋-ダイヤモンドダイニング系2店舗オープン

ダイヤモンドダイニング(港区)のグループ会社「ゴールデンマジック」(同)は7月15日、九州料理居酒屋「満月とすっぽん」と九州大衆酒場「博多入道」(新宿区新宿3)を新宿に同時オープンする。
1247585593.jpg

 「満月とすっぽん」は博多の名産品を中心に、九州各地の郷土料理を提供する居酒屋。店舗面積は18.89坪で、全36席。テーブル席のほか、ボックス席も用意する。ターゲットは「食に敏感なアラサー女性」(同社広報担当者)。

 メーンメニューは「すっぽんコラーゲン鍋」(980円)、「博多一口鉄鍋ぎょうざ」(1,000円)、「えび」「アボカド」「チェダーチーズ」「ほうれんそう」「コラーゲン」などを使用した同店オリジナルの7色「日替わり変わりぎょうざ」(1,000円)など約80種類を提供する。ドリンクは、選びやすさを考え、「にごり、すっきり、濃厚、変わり」に分けた梅酒など約100種を用意。客単価は3,800円。

 「博多入道」の店舗面積は18.89坪で、54席を用意。カウンターと2つの大テーブルを配し、「わいわい盛り上がれるような一体感のある空間」(同)に仕上げた。「入道雲のようなフワフワな卵焼きが自慢のメニュー」(同)とも。30~50 代のサラリーマンをターゲットに据える。

 希少な「おたふく(胸腺)」「みさき(雌鶏のテール)」のほか、約30種類の「博多串焼き」(180円~)、「名物卵焼き 出汁付」(880円)、「取りそぼろのTKG(=卵かけご飯)」(580円)などを提供する。ドリンクの看板メニューは、「ぶっかき氷」入りのどんぶりにスダチやユズなどのかんきつ類を入れた「どんぶり焼酎」(499円~)。フード、ドリンク共に約80種を取りそろえる。客単価は3,500円。

 営業時間は、「満月とすっぽん」=17時~翌4時(日曜・月曜・祝前日=17時~24時)、「博多入道」=17時~24時(金曜・土曜・祝前日=17時~翌4時)。 
もと記事

そう言えば、九州男児って何だろ!?
と思い調べてみました!!!

『ウィキペディア(Wikipedia)』
九州とひとくくりにいっても、各地域で言葉や生活習慣、気風は異なる。現在の「九州男児」のイメージは、主に以下の諸地方のイメージが複合していると思われる。

1、福岡市の博多山笠などに見られる勇ましい男の姿
2、北九州市の小倉を舞台にした『無法松の一生』の無法松のイメージ
3、肥後もっこすと呼ばれる正義感の強い熊本県民の県民性
4、西郷隆盛などの幕末の薩摩藩士によって強化された薩摩隼人と呼ばれる質実剛健な鹿児島県士族[1]のイメージ
20080920091849.jpg

しんじゅく
関連記事

| 新宿区ニュース&事件 | 10:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://lgbt-estate.jp/tb.php/50-a93cb507

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT