新宿御苑の不動産屋ブログ 【新宿二丁目】

レズビアン・ゲイ・おかま・おなべ・ニューハーフ・バイセクシャル・トランスジェンダー・ニューハーフ・ドラァグクイーンのゲイフレンドリーな不動産屋のブログです。 あくまで趣味のブログですので、お仕事のご要望にはそえない場合があります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ボリビアのエボ・モラレス大統領が「鶏肉はハゲと同性愛を引き起こす」

ボリビアのエボ・モラレス大統領が「鶏肉はハゲと同性愛を引き起こす」と発言し、注目を集めている。23日(現地時間)、米ロサンゼルスタイムズが報じた。

s-presidentgaychicken.jpg


同大統領がこの発言をしたのは、ボリビアのコチャバンバで4月22日(現地時間)に開かれた環境問題についての集会「World People’s Conference on Climate Change and the Rights of Mother Earth」でのこと。

開会演説に立った同大統領は「もし頭髪が薄くなったり、ゲイになったりすることが嫌なら鶏肉を食べるな」と発言。その理由を「鶏肉は、太らせるために女性ホルモンを注射されている。そのため、食べると男性のあるべき姿が破壊されてしまう。我が国のメディアNoticias 24によると、鶏肉を食べると若い少女の乳房が早い段階から大きくなるそうだ」と説明した。これを聞いた出席者らは、大笑いしながらも困惑した表情を隠せなかった。

また「ハゲはそんなに気にするほどのことではないように思うが、ヨーロッパでは病気として扱われている。ヨーロッパではほとんどの人がハゲているようだが、それは食べているものに原因がある」とも述べた。そして、自身のもじゃもじゃで濃い黒髪をその証拠として指さし「私の頭にはハゲる予兆はない」とした。

この発言に対してスペインの同性愛者団体は「同性愛者の権利を理解していない」としてボリビア大使館に抗議しているという。

Screenshot from Los Angeles Times. This image is used in accordance with copyright law number 32.


もと記事
関連記事

| 同性愛ニュース | 11:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://lgbt-estate.jp/tb.php/497-8473283f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT