新宿御苑の不動産屋ブログ 【新宿二丁目】

レズビアン・ゲイ・おかま・おなべ・ニューハーフ・バイセクシャル・トランスジェンダー・ニューハーフ・ドラァグクイーンのゲイフレンドリーな不動産屋のブログです。 あくまで趣味のブログですので、お仕事のご要望にはそえない場合があります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

後藤まいさん、都政でひと肌…脱げませんでした

新宿区の有権者25万2437人にとって、“刺激的”すぎた!?

 運命の12日、歓喜のエクスタシーを味わうことができなかった後藤さんは午後10時35分、純白のスーツ姿で「ダメっぽい感じなので、早めにはじめま~す」と笑顔で会見をスタートさせた。

 敗北の理由について「はじめから挑戦することに意味があると思っていた」と告白。だが「スタッフも団結してきて、大久保でおじいちゃんに自転車から『頑張れよ』なんて言われるうちに、その気になってきました」と徐々に本気モードに変わったという。
gnj0907130505002-n1.jpg

 後藤さんは、4月に出演したイメージビデオで局部を露出したとして、警視庁に摘発された。その事件をきっかけに、元政治家の友人の勧めで立候補を決意。青春時代を過ごし愛着のある新宿から出馬を決めた。告示後は「純粋無派閥」として純白のミニスカなどで出陣、時折“パンチラ”を交えるお色気戦略で臨んだ。「新宿区を子育て優遇モデル地域にするため、低額な保育所の整備する」と訴えた。

 この“エロすぎ”作戦について「興味を引くために始めた。最初は自信がなかったけど、みんな喜んでくれた」と笑顔。しかし、選対関係者は「主婦から反感を買い、何度か『アンタに立候補する資格はない!』と言われた」と証言。女性票を逃したことも浮き彫りになった。さらに後藤さんは杉並区在住で「自分に投票できず、無所属の人に投票した」とも。準備不足が原因で、エロだけが目立ってしまった。

 だが、選挙を振り返る後藤さんは「人間的にすごく成長しました」と笑顔。今後の活動は「全力で走ってきたので、今は考えられない」とした。

 この日、会場には約20人の写真記者が集結。会見後は敗北のショックを見せず撮影に気軽に応じた後藤さん。選対関係者は、立候補時に選管に納めた供託金60万円について「没収ラインの3198票をクリアしたようだ」と説明した。
もと記事
『ウィキペディア(Wikipedia)』
地方の方から見れば、新宿スゲェー!なんでもアリだな!って思うんでしょうね・・・。

あと、ちょっと調べてみたら同姓同名の声優さんが居るんですね
ブログのアクセス数は上がったみたいですが、結局はいい迷惑そうです・・・。
後藤麻衣ブログ(声優)

チンタイ
関連記事

| 新宿区ニュース&事件 | 10:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://lgbt-estate.jp/tb.php/43-87462ca7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT