新宿御苑の不動産屋ブログ 【新宿二丁目】

レズビアン・ゲイ・おかま・おなべ・ニューハーフ・バイセクシャル・トランスジェンダー・ニューハーフ・ドラァグクイーンのゲイフレンドリーな不動産屋のブログです。 あくまで趣味のブログですので、お仕事のご要望にはそえない場合があります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

バイセクシュアルってどんな感じ?@LGBT特設サイト

NHKのサイト【虹色】のご紹介です
皆さん是非見てく下さい

LGBTってなに!?

L=レズビアン、G=ゲイ、B=バイセクシュアル、T=トランスジェンダー。日本語で言うと、順番に、女性同性愛者、男性同性愛者、両性愛者、生まれたときに法律的/社会的に割り当てられた性別にとらわれない性別のあり方を持つ人、となります。

なお、性同一性障害の当事者が自らをトランスジェンダーと呼ぶことも多いです。前者が医学的な疾患名であるのに対して、後者は自分達の生き方にプライドを持ち、名乗るときに使用されている言葉という理由からです。

「LGBT」は当事者が自分たちのことをポジティブに語る言葉として、北米やヨーロッパで使い始められ、最近では日本でも使われるようになってきています。日本語では、「性的少数者」「性的マイノリティー」という言葉も、同様の意味合いで用いられています。


バイセクシュアルってどんな感じ?

虹色には、LGBT以外にも、Aセクシュアル、インターセックスなど、いろんなセクシュアリティーの方からメールをいただいています。そこで、多様な性のあり方について、ざっくばらんに語り合っていく企画「LGBTカフェ」を始めることにしました。第1回目は、バイセクシュアル。LGBTの中のBです。「ハートをつなごう」にも、バイセクシュアルの方が出演してくださることがありますが、ゲイやレズビアンの方々と比べると、詳しいお話が聞けておらず、実際どうなの? と思っている人も多いはず。そこで今回は、20代のバイセクシュアルの方3人に集まってもらい、虹色編集部とみんなで一緒におしゃべりをしてきました。


第1回 バイセクシュアルは「いつも意識されるものではない」&「いないことにされてしまいがち」?

参加してくれたみなさん/
Mさん:バイセクシュアルで男性。大学院生。20代。
Kさん:バイセクシュアルで女性。団体職員。20代。
Iさん:バイセクシュアルで、男性か女性かのどちらかでは答えられない。フリーター。20代前半。

◆「あえて言うこともない」と思ってしまう


――自分にも知り合いにバイセクシュアルだという人がいるのですが、実際のところ、バイセクシュアルってどういう感じなのか、よく分かっていないんですよね。



Iさん うーん、一口にどんな感じと言われても…そもそも、自分以外のバイの人がどうなのか、そんなに意見交換しているわけでもないんですよね…。

――バイセクシュアルの人同士でそんなに交流はないんですか


Mさん ないわけじゃありませんけど、何というか「私はバイです」と、いつでもオープンに言う感じでもないんですよね。たとえセクシュアルマイノリティーの中にいてもです。だから、会話の中でたまたまポロッと発覚する、そういうことで分かっていくケースが圧倒的に多いんです。逆に言えば、バイ同士であっても意外とお互い気づいていないことも少なくない。あまり自分のセクシュアリティーについて積極的に話さない理由としては、「ことさらに言うほどでもない」と思ったり、あるいは「言うほどの固まったものがあるわけでもない」と考えていたり、その2つが大きいかな。

Kさん 私もMくんの、「ことさらに言うほどでもない」というのと、「言うほどに固まっていない」という、その両方に同感です。まず、ことさら言うほどでもないというのは、たとえばヘテロセクシュアル(注)の友達に囲まれた環境にいる時には、自分も日常的に異性を恋愛対象として見ることもあるので普通にそうした会話に混じることができ、したがってあえてそこで自分がバイセクシュアルだと言う必要はないと思ってしまう状況があります。逆に、ホモセクシュアルの友達に囲まれて、たとえばゲイやレズビアンであるゆえの苦労について友人が話している時に、自分がバイセクシュアルであることを言ったら、「バイはいいよね。ヘテロの人たちと一緒に話していても、それっぽく溶け込めるし」みたいに語られてしまうこともあるから、やっぱりあえて言わなくてもと思う。事実、同性を愛するうえでの悩みもないわけではないから、そっちに話を合わせていた方が楽だという判断になりがちなんです。

(注)ヘテロセクシュアル・・異性愛者のこと。

一方、言うほどに固まっていないというのは、たとえば私の場合、バイセクシュアルですか? と聞かれて否定もしませんけど、レズビアンですか? と聞かれても否定しないわけなんですね。ヘテロセクシュアルですか? と聞かれたら否定しますけど。それから、バイセクシュアルは「女性と男性の両方」を性的な対象にするという意味ですが、その点で言えば、バイセクシュアルより「パンセクシュアル」という言葉の方が私にはしっくり来ます。パンセクシュアルは、パン=すべての、という意味からもわかる通り、男性も女性も、また自分の性的アイデンティティーを男性女性のどちらにも重ね合わせるのを良しとしない人も含めて、性愛の対象になる人という意味です。

もとサイト→虹色
関連記事

| 同性愛ニュース | 13:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おもうこと

私とは全く違う方たちの話で大変興味深く読みました。
う~~~~ん
というかんじ。
いろんなかたがいるんだなあ~~と・
でも私自身も気がついてないだけで何かの類があるかもしれませんね。人それぞれ感性は独立していいわけですよね。
興味深かったです

| ゆう | 2010/03/11 12:15 | URI |

No title

>>ゆうさん
コメントありがとうございました。

そうですよね!
僕自身も不動産業者になるまで、「全く知らない世界」って感じでしたよ!

テレビでウケてる、オネィ系の方々とはちょっと違うイメージですよね!


| モンキー・チョップ | 2010/03/11 12:38 | URI |















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://lgbt-estate.jp/tb.php/406-15906c74

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT