新宿御苑の不動産屋ブログ 【新宿二丁目】

レズビアン・ゲイ・おかま・おなべ・ニューハーフ・バイセクシャル・トランスジェンダー・ニューハーフ・ドラァグクイーンのゲイフレンドリーな不動産屋のブログです。 あくまで趣味のブログですので、お仕事のご要望にはそえない場合があります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

同性愛の日本史【後編】

かつて、美少年は神の化身と崇められていたのです
教科書はいっさい教えてくれませんが、日本はかつて、世界でもまれに見る同性愛天国であり、男どうしの恋愛が政治を動かし、文化を発展させてきました。神話の時代から始まって、明治まで、その伝統は連綿と受け継がれてきたのです。男を愛した歴史上の有名人がこれだけたくさんいたということは驚きですし、感動でもあると思います。

thumb_nihon_top3.jpg


【隆盛期】戦国時代

 応仁の乱で幕府や将軍の権威がガタ落ちになり、各地の守護大名も弱体化。実力で台頭してきたのが戦国大名です。
 この戦国大名に「扈従(こしょう)」して身の周りの世話をしたのが「小姓」です。最初は「小性」と書き、戦国までは「児小姓(ちごこしょう)」と言いました。
 小姓の中でも最も有名なのが、織田信長に仕えた森蘭丸です。18人いた小姓のリーダーでした。
 当時の戦国武将たちは、全員が男も女も抱く、いわば両刀(バイセクシュアル)。豊臣秀吉だって信長の長男・織田信忠と関係がありましたし、石田三成を深く愛していました。徳川家康でさえ、井伊万千代(直政)を寵愛していました。この時代、男と性愛関係を結ぶことはいたって標準、当たり前のことだったのです。
 お小姓に象徴されるこの時代の男色が発展したのは、妻や側室が戦場に行けないから、代わりに小姓が殿様の相手をしたからだ、という説があります。これは違っています。性の代用品などではなく、戦国武将が美少年を侍らせ、小姓を抱くのは、女性とは別の、独立した性愛文化でした。その背景には、古来からの稚児信仰(稚児は菩薩の化身)があります。また、戦国大名の婚姻はほとんどが政略結婚です。小姓や家臣たちとの間にこそ、自由な恋愛を求めたのではないかと考えられます。

 上杉謙信は美少年をたくさん侍らせていました。昨年の大河ドラマの主人公・直江兼続が最愛の人だったことは有名です。
 ライバルの武田信玄もたくさんの小姓を抱えていましたが、最愛の男子が春日源助(のちの高坂弾正)でした。
 美しい小姓はファッションであり、風俗でしたが、やがて主従間の固い結束を生み、強力な戦闘集団を作り上げていきます。戦国大名と忠臣はそれぞれ菊の契りによって結ばれ、主君のためなら命も厭わない優秀な武士が養成されていったのです。

 フランシスコ・ザビエルは、日本の状況を見て、僧侶たちの男色を「言語道断の情欲」「憎むべき悪徳」と増悪したと伝えられています。ザビエルを喜んで迎えた恩人、大内義隆にさえ、「王様、あなたの行いは畜生にも劣ります」と箴言したそうです。大内義隆の愛人はイケメン・陶隆房(晴賢)でした。隆房の兄もイケメンで、こちらは義隆の父・大内義興の愛人でした。

「茶の湯」や「茶道」がなぜ、戦国武将の間で流行したのか、武士でもない千利休がなぜ秀吉に切腹を命じられるのか、ほとんどの人には理解できないでしょう。
 唇を間接的に触れる茶道の回し飲みは「他人ではなくなる」ための儀式だ、と熊倉功夫氏は『茶の湯の歴史』で指摘しています。茶の湯とはセクシャルな行為なのです。南方熊楠は自著で「目のさめるような美少年が目の前にいたが、相手が皇族だったため、茶の湯だけで満足した」という記述を残しています。それは、男色の代償行為だったのです。
 こうした茶の湯の総元締(カリスマ)が千利休でした。秀吉が千利休に切腹を命じたのは、彼が茶道という男色のセレモニーを通じて権力を裏で操るフィクサーになってしまったからではないでしょうか。茶道の指南役とは、男色の指南役でもあります。戦国の男色ネットワークを牛耳る利休のパワーは、秀吉をも怖れさせたのです。

「若道(にゃくどう)」=若衆道という言葉は戦国時代にすでにありました。これが縮まって「衆道(しゅどう)」になりました。衆道は、念者(主や年寄り)と若衆(美少年)との愛と忠節によって成立します。念契とか義兄弟とも呼ばれました。
 日本独特の男色文化である衆道にモラルや精神性を見出したのが、民俗学者の南方熊楠です(熊楠自身、少年を愛していました)。熊楠は、衆道には「浄愛」と「不浄愛」があると言います。不浄愛とは、性的な快楽のみを目的とする男色のことであり、浄愛とはまったく別物だとし、衆道における崇高さを力説しました。浄愛という清く正しい男道を見出すことができるのが、戦国時代でした。たとえば、森蘭丸が有名なのは、本能寺の変でともに戦い、信長とともに死んでいったからです。命を賭けて信長に忠節を捧げた姿に、人々は感動したのです。

 戦国時代の「天下三美少年」と言われるのが、蒲生氏郷に仕えた名古屋山三郎(歌舞伎の祖として知られています)、木村秀俊に仕えた浅香庄次郎、そして秀次の小姓・不破万作です。不破万作は小笠原信濃守など、多くの武将をもとりこにしました。
 石田三成は寺院の稚児から身を起こした男で、寺に立ち寄った秀吉に茶を振る舞った(三杯の茶)ことがきっかけで、秀吉の寵愛を受けます。
 秀吉が亡くなったあと、家臣団は三成を中心とした文治派(エリート官僚系)と、加藤清正らの武断派(軍事体育会系)に分裂しましたが、豊臣恩顧の武将たちは、三成が社長の秘書兼愛人にしか見えませんでした。だから加藤清正らが寝返り、三成は関ヶ原に散っていくことになったのです。

記事のつづき
関連記事

| ゲイ・おかまライフ | 15:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://lgbt-estate.jp/tb.php/367-b3439e95

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT