新宿御苑の不動産屋ブログ 【新宿二丁目】

レズビアン・ゲイ・おかま・おなべ・ニューハーフ・バイセクシャル・トランスジェンダー・ニューハーフ・ドラァグクイーンのゲイフレンドリーな不動産屋のブログです。 あくまで趣味のブログですので、お仕事のご要望にはそえない場合があります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『二人で生きる技術─幸せになるためのパートナーシップ』

大塚隆史(タック)さんの人生が詰まった作品です
『二人で生きる技術─幸せになるためのパートナーシップ』は、二丁目で27年ゲイバーを続けてきた大塚隆史(タック)さんが、自らのおつきあいの経験と、そこから得られたパートナーシップについての「思い」や「技術」を綴った本。「今つきあってる人とずっと関係を続けていきたいけど、どうにもうまくいかない」「何度もおつきあいに失敗していて、自分には向いてないのかもしれないとあきらめかけている」というような人にとって、最強の「パートナー」になるはずです。

thumb_futari_top.jpg

『二人で生きる技術─幸せになるためのパートナーシップ』は、二丁目で27年ゲイバー(『タックスノット』)を続けてきた大塚隆史(タック)さんが、自らのおつきあいの経験(ヒストリー)を縦糸に、そこから得られたパートナーシップについての「思い」や「技術」を横糸にして綴られた本です。
 巷にあふれる本や漫画、映画、TVドラマなどは、男女の恋愛や結婚、ホームドラマがほとんどで、二人がずっとパートナーシップを続けていくことの関係性、大変だけどそれを乗り越えたところにあるヨロコビは、なぜかほとんど描かれていないように思います。それは、パートナーシップというものが、恋愛や結婚というロマンチックなドラマ(魔法の時間)が冷めてしまった後のまったりとした「日常」、しんどくて強い意志が必要な「現実」だからなのでしょう。
 パートナーシップを続けていくことの本質は、ゲイでもノンケでも同じことです。そういう意味で、もしかしたら初めての本格的なパートナーシップ論(道、という言い方がふさわしい)かもしれないこの本は、ゲイだけでなく誰でもが自分のこととして読める本であり、「今つきあってる人とずっと関係を続けていきたいけど、どうにもうまくいかない」「何度もおつきあいに失敗していて、自分には向いてないのかもしれないとあきらめかけている」というような人にとって、最強の「パートナー」になるはずです。(後藤純一

つづきは→ゲイライフジャパン
関連記事

| ゲイ・おかまライフ | 18:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://lgbt-estate.jp/tb.php/264-3a260702

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT