新宿御苑の不動産屋ブログ 【新宿二丁目】

レズビアン・ゲイ・おかま・おなべ・ニューハーフ・バイセクシャル・トランスジェンダー・ニューハーフ・ドラァグクイーンのゲイフレンドリーな不動産屋のブログです。 あくまで趣味のブログですので、お仕事のご要望にはそえない場合があります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

“生涯独身”新宿2丁目に学ぶ「覚悟」と「哲学」

生涯独身――。新宿2丁目の皆さんはハラをくくっている。ひとりを貫く心構えがなければ、オカマは続けられない。<彼女>たちの言葉には、男一匹も学ぶべき点も多いはず。世界最大のゲイタウンに生息してウン十年、50代、60代の大御所に独身の「覚悟」と「哲学」を聞いた。


●玄関に入る前までにストレスはハキ出す

「子供が欲しければ、知り合いの子を〈自分の子〉にしちゃえばいいのヨ。それぐらいの愛情を注げば、子供は慕ってくれるワヨ〜」

 そう笑うのは、ゲイバー「A」のチーママ、50代のしんぺいチャン(仮名)だ。演技派俳優の上田耕一にやや似ている。今では店に〈自分の子供〉世代も遊びにくるそうだ。

「ひとりでも何とかなる」と思えたのは、35歳前後。ビールグラス片手に「これでも、若い頃は結婚を考えたこともあったのよ」とこう続けた。

「もちろん、自分のためじゃなくて親を喜ばせるため。当時と今とじゃ、世間の見る目や結婚観も違ったからネ。けど、自分にはウソをつけなかったワ……」

 心がけているのは、自分の部屋にストレスを持ち込まないこと。

「その日のストレスは、玄関に入るまでに、ぜんぶハキ出すのヨ。そうすれば、部屋での時間が有意義になるし、次の日の頑張りが利く。楽しい酒はいいけど、酔ってクダを巻いちゃダメ。自分でハキ出したことを思い出せないし、ハキ出したつもりが翌朝に残っていることも多いから。趣味でも何でも方法はいろいろあるワヨ〜。ワタシの趣味? チ○チ○をしゃぶること。ま、50歳もすぎれば性欲は失せるけどネ」


●目覚めたら、まず生きていることに感謝する

 180センチ超の長身に抜群のスタイルで、「男性ファッション誌のモデルだった」というのも納得のゲイバーCのかつみママ(60代=仮名)。「後戻りできない」と決意したのは28歳の時。薄くなった頭髪をなでながら、きっかけとなった〈ある事件〉を語ってくれた。

「警官だった父親が、この店に遊びにきたのヨ。親には〈スナックで働いている〉と伝えていたから、従業員全員に化粧を落としてもらってネ。知り合いのホステスにも来てもらった。やっと父親が帰ったと油断していたら、忘れ物を取りに戻ってきてネ。化粧している姿を見られて、ぜ〜んぶバレちゃった。それからは開き直っちゃったワ」

 それでも、父親はひとり息子の将来を思って、毎年の年賀状に「結婚だけはしろよ」と亡くなるまで書き続けたという。

「今は朝起きたら、まず今日も生きていることに感謝するの。そりゃあ、不安になる日もあるワヨ。けど、そんな気持ちは棺桶(かんおけ)に入るまでつきまとう。誰にも人生なんて、どうなるかは分からないじゃない」

 人生は「今日」の積み重ね。勢いだけで過ぎた20代の「今日を楽しむ」と、60代の「今日を楽しむ」とでは、おのずと意味合いが変わる。

「常に全力で生きて、夜は自分の時間を楽しまなくちゃ」

 そう言うと、ママは記者のグラスに、焼酎濃いめのお茶割りを再びつくり始めた。


 実の父親にオカマを掘られたり、耳が不自由だったり――2丁目には、修羅場を踏んできた人々がいる。それでも皆、底抜けに明るい。クヨクヨせずに前向きに生きる彼女たちの姿勢こそ、独身男は最も学ばなくてはいけない。

(日刊ゲンダイ2009年9月18日掲載)
もと記事

フツーに生きてるGAYの日常

◆質問、相談、雑談、猥談はコチラ!
新宿御苑の不動産屋ブログBBS
※秘密の質問はメールフォームから送って下さい。

◆ブログランキングです、ポチッとお願いします!
関連記事

| ゲイ・おかまライフ | 14:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://lgbt-estate.jp/tb.php/199-123008fb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT