新宿御苑の不動産屋ブログ 【新宿二丁目】

レズビアン・ゲイ・おかま・おなべ・ニューハーフ・バイセクシャル・トランスジェンダー・ニューハーフ・ドラァグクイーンのゲイフレンドリーな不動産屋のブログです。 あくまで趣味のブログですので、お仕事のご要望にはそえない場合があります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

新たな緊急経済・雇用対策、10月から 離職者への住宅手当緊急特別措置事業を実施

 厳しい経済・雇用情勢の下、今年1月に「緊急経済・雇用対策本部」を設置した新宿区(区長:中山弘子)は、離職者の再就職を支援するため、緊急的に住宅手当を支給する制度を開始する。また、これに伴い、就労に向けた相談窓口を一元化し、より強化するため、区役所本庁舎(歌舞伎町1-4-1)内に設置していた就労支援総合相談窓口を、就労支援施策を担当する新宿消費生活センター(新宿5-18-21、区役所第2分庁舎分館2階)に、10月1日(木)から移転する。

 住宅手当は、雇用と住宅という重要な生活基盤を同時に失い、極めて深刻な状況にある方への緊急措置として、国の助成制度を活用して実施する。2年以内に離職し住まいを失ったか失うおそれがあり、収入のない世帯の生計維持者の方に、6か月を限度として支給するもの。支給額は月額で単身世帯は53,700円、複数世帯は69,800円。就労能力や意欲があり、国の住居喪失離職者等への貸付けや他の自治体等の貸付け・給付等を受けていないこと等の条件がある。申込みは、10月13日(火)から新宿消費生活センターで受け付ける。

 就労支援総合相談窓口は、今年2月25日に区役所本庁舎1階に開設。離職した区民や就労意向を持つ区民の方から専門の相談員(キャリアカウンセラー)が相談を受け、資格修得やスキルアップ講座等の制度の紹介、就労までの生活を支援する制度や事業への誘導、区の緊急経済・雇用対策の活用による支援を通して、ハローワークと連携して就労まで一貫して支援する総合相談窓口。就労支援を行っているNPO法人に運営を委託し、専門相談スタッフ3名(うち1名は就労支援コーディネーター)と、情報提供などを担当する事務職員1名の合計4名で運営している。相談時間は月~金曜日(祝日等を除く)の午前9時~午後5時。


問合せ:新宿消費生活センター就労支援担当 電話03-5273-3925
もと記事
関連記事

| 新宿区ニュース&事件 | 09:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://lgbt-estate.jp/tb.php/196-ecce8bb6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT