新宿御苑の不動産屋ブログ 【新宿二丁目】

レズビアン・ゲイ・おかま・おなべ・ニューハーフ・バイセクシャル・トランスジェンダー・ニューハーフ・ドラァグクイーンのゲイフレンドリーな不動産屋のブログです。 あくまで趣味のブログですので、お仕事のご要望にはそえない場合があります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

埼玉県熊谷市で6人殺したペルー人、その兄も17人殺しの殺人鬼「世界を浄化するために、神の命令で薬物中毒者や売春婦、同性愛者らを殺した」

「世界を浄化するため売春婦ら殺した」容疑者の兄は17人殺した“死の使徒”

 埼玉県熊谷市の3住宅で計6人が殺害された事件で、ナカダ容疑者の実兄が、ペルーで大量殺人事件を起こし、現地で“死の使徒”と大きく報じられた服役囚であることが17日、分かった。

 ナカダ容疑者は10人兄弟の末っ子で、服役中の兄は上から4番目のペドロ・パブロ服役囚(42)。2005~06年に計17人を拳銃で射殺するなどしたとして、07年に懲役35年の刑が確定、服役している。

 妄想型統合失調症を患っていたとされ、殺人の動機を「世界を浄化するために、神の命令で薬物中毒者や売春婦、同性愛者らを殺した」と供述。実際に殺害したのは25人とも明かした。自身の生い立ちについて、幼いころから家族に虐待され、兄たちから性的虐待を受けたとも語ったという。

 フジテレビの電話取材に応じたペルーに住むナカダ容疑者の姉は「弟は日本に行って精神的に病んでしまった。『誰かに追いかけられている、自分は殺される』と言っていた」と話した。姉によると、ナカダ容疑者は兄の殺人を目撃して、精神的にショックを受けていたという。

http://www.sankei.com/affairs/news/150918/afr1509180027-n1.html
関連記事

| 新宿区ニュース&事件 | 18:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://lgbt-estate.jp/tb.php/1090-aae0f023

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT