新宿御苑の不動産屋ブログ 【新宿二丁目】

レズビアン・ゲイ・おかま・おなべ・ニューハーフ・バイセクシャル・トランスジェンダー・ニューハーフ・ドラァグクイーンのゲイフレンドリーな不動産屋のブログです。 あくまで趣味のブログですので、お仕事のご要望にはそえない場合があります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

欧州最大のLGBTパレード、日本でもツアーチケット販売

旅行代理店のユーレックス(東京・赤坂)では、今年6月にドイツ・ベルリンで開催される「ベルリン・プライド」へのツアーを日本で初めて売り出した。ベルリン・プライドは1979年から毎年開催されているヨーロッパ最大級のLGBTの祭典で、パレードには80万人以上も集まる。ストレート・アライ(※人権の平等化や男女同権およびLGBTの社会運動の支援や、ホモフォビアへの異議を投げかける異性愛の人々)はもちろん、どんなジェンダー・アイデンティティの人でも参加できる。(今一生)

ツアーは、多言語を使えるLGBTの現地日本人スタッフをつけた6月19日~24日の6日間で催行される。非営利団体ベルリンCSDと提携しているため、現地ではさまざまな観光情報も得られる。

LGBTフレンドリーなホテルに宿泊でき、公式のクロージング・パーティにも参加できる。セクマイのメッカであるベルリンには、LGBTカラオケバー、レズビアン図書館、ゲイ美術館や劇場、夏のフェスティバル、ゲイコメディーまである。

ユーレックスでは、問い合わせにもLGBTのスタッフが対応してくれる。同社スタッフによると、「ゲイコミュニティはベルリンでは生活の一部になっている」という。

「ドイツでは、メルケル首相が党首のキリスト教民主同盟も2012年までゲイパレードの一つ『クリストファー・ストリート・デイ』のスポンサーになってフロート車(※パレードで乗る飾りのついた車)を出していましたし、社会民主党は現在もフロート車を出してイベントに参加しています。ベルリンは市民の10%以上がゲイで、市長もゲイ。小さい頃からいろいろな人がいるとわかっているのでLGBTフレンドリーの市民も多く、差別が少ないのです」(同社レインボーチーム・スタッフ)

同社では今年の応募状況を見て、来年もレインボーツアーを企画したいそうだ。なお、このツアーは応募者が10人以上集まれば催行され、4月11日に応募が締め切られる予定だ。関心のある方はユーレックスのホームページからお早めにお問い合わせを。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140319-00010000-alterna-soci
関連記事

| 同性愛ニュース | 13:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://lgbt-estate.jp/tb.php/1042-1f6b6988

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT