新宿御苑の不動産屋ブログ 【新宿二丁目】

レズビアン・ゲイ・おかま・おなべ・ニューハーフ・バイセクシャル・トランスジェンダー・ニューハーフ・ドラァグクイーンのゲイフレンドリーな不動産屋のブログです。 あくまで趣味のブログですので、お仕事のご要望にはそえない場合があります。

2015年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

埼玉県熊谷市で6人殺したペルー人、その兄も17人殺しの殺人鬼「世界を浄化するために、神の命令で薬物中毒者や売春婦、同性愛者らを殺した」

「世界を浄化するため売春婦ら殺した」容疑者の兄は17人殺した“死の使徒”

 埼玉県熊谷市の3住宅で計6人が殺害された事件で、ナカダ容疑者の実兄が、ペルーで大量殺人事件を起こし、現地で“死の使徒”と大きく報じられた服役囚であることが17日、分かった。

 ナカダ容疑者は10人兄弟の末っ子で、服役中の兄は上から4番目のペドロ・パブロ服役囚(42)。2005~06年に計17人を拳銃で射殺するなどしたとして、07年に懲役35年の刑が確定、服役している。

 妄想型統合失調症を患っていたとされ、殺人の動機を「世界を浄化するために、神の命令で薬物中毒者や売春婦、同性愛者らを殺した」と供述。実際に殺害したのは25人とも明かした。自身の生い立ちについて、幼いころから家族に虐待され、兄たちから性的虐待を受けたとも語ったという。

 フジテレビの電話取材に応じたペルーに住むナカダ容疑者の姉は「弟は日本に行って精神的に病んでしまった。『誰かに追いかけられている、自分は殺される』と言っていた」と話した。姉によると、ナカダ容疑者は兄の殺人を目撃して、精神的にショックを受けていたという。

http://www.sankei.com/affairs/news/150918/afr1509180027-n1.html

| 新宿区ニュース&事件 | 18:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

E・ジョン、露大統領装うイタ電で「同性愛差別への関心高まれば

r.jpg

[ロンドン 17日 ロイター] - 英歌手エルトン・ジョンさん(68)は17日、ロシアのコメディアンがプーチン大統領を装ってジョンさんにいたずら電話をかけたと明らかにしたことについて、同性愛者に対する差別への関心を高めたのなら、今回は「喜んで」いたずらを受けると述べた。

同性愛者であるジョンさんは写真共有アプリ「インスタグラム」にプーチン大統領の写真を投稿し、電話に感謝するメッセージを掲載。しかしペスコフ大統領報道官は15日、大統領が電話をかけたとの話を否定した。

その後、ロシアの二人組コメディアンは、大統領と通訳を装っていたずら電話を掛けたと明らかにした。電話は、ジョンさんが性的少数者(LGBT)の権利についてプーチン大統領と話したいと記者に述べた翌日にかけたという。

ジョンさんは17日、インスタグラムに「いたずらは面白い。しかし同性愛嫌悪はそうではない」と投稿。「この不運な出来事がこの(同性愛者に対する差別の)問題に再び焦点を当てたなら、今回は喜んでいたずらを受け入れる」とした。

http://jp.reuters.com/article/2015/09/18/elton-john-prank-idJPKCN0RI0D020150918

| 同性愛ニュース | 18:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |