新宿御苑の不動産屋ブログ 【新宿二丁目】

レズビアン・ゲイ・おかま・おなべ・ニューハーフ・バイセクシャル・トランスジェンダー・ニューハーフ・ドラァグクイーンのゲイフレンドリーな不動産屋のブログです。 あくまで趣味のブログですので、お仕事のご要望にはそえない場合があります。

2013年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

Fun.が同性愛者等の若者を支援するキャンペーン開始

tdjyyh.jpg
 ポップ・ロックトリオのFun.が、デトロイトでLGBT(レズビアン、ゲイ、バイ・セクシャル、トランスジェンダー)の若者のために資金を集めるキャンペーンを開始した。


 同バンドは1月17日、社会福祉団体ラス・エリス・センターのための地域医療センターを建設するにあたり、25万ドルを集める計画であることを発表。同施設では、LGBTの若者に住宅・食事・衣料・医療サービスを必要に応じて提供するという。

 同基金は同性愛者を支持する組織The Ally Coalitionを通じて募金を募る。

 ボーカルのネイト・ルイス、ギターのジャック・アントノフ、マルチ・プレイヤーのアンドリュー・ドストと、いずれもデトロイト出身の3人からなるFun.。2012年に「伝説のヤングマン~ウィー・アー・ヤング~」と「サム・ナイツ」のNo.1ヒットで大ブレイクし、昨年の【グラミー賞】では最優秀楽曲賞と新人賞を受賞した。

 Fun.はアントノフの妹でデザイナーのレイチェル・アントノフと共にThe Ally Coalitionを立ち上げている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140120-00017589-exp-musi

| 同性愛ニュース | 11:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【性器に電流】性的指向の「矯正術」に立ち上がる同性愛者、中国

img_d12f47ee2ebbbdec9a86089e7101462a114885.jpg

【1月20日 AFP】ポルノ映画を見ている男性の性器にワイヤーをつなぎ、医師が繰り返し電気ショックを与える──中国人のザンさん(25)が、男性に惹かれる自分の性的指向がなくなることを期待して受けた「治療」の一部だ。

「普通の人間になれる可能性があるかもしれないと思って試した」というザンさんは、苗字しか明かそうとしない。「家族に迷惑をかけたり、がっかりさせたくなかった」という。

 ザンさんが受けた施術は、同性愛者の性的指向を「矯正」するという触れ込みで今、中国で利益をあげている業界の極端なビジネス例だ。中国の同性愛者たちは多くの場合、異性愛者として生きるべきだという多大な社会的圧力に直面している。

 2001年まで同性愛を公式に精神障害に分類していた中国でも、近年は大都市を中心により寛容な姿勢が広がってきた。それでも、人口抑制政策の影響で大抵は一人っ子の同性愛者たちは、結婚して子どもを作ってほしいという親の期待に対処しなければならない。

  AFPが先月取材をした5か所のクリニックは、催眠術や投薬、電気ショック療法などさまざまな手段を使って「性適合」術を行っていると答えた。北京(Beijing)の海明心理コンサルティング・センター(Haiming Psychological Consulting Centre)はウェブサイトで、次のように電気療法を宣伝している。「ショックを受ける度に思考が中断され、性的幻想から離れることができる」。同センターのスタッフによれば、電気ショック療法は2、3日おきに30分程度行われているが、「極端な場合」にだけ用いていると答えた。

■性的指向を変える施術に伴うリスク

 同性に性的、恋愛的に惹かれることを「正常でポジティブなこと」だと評価しているアメリカ心理学会(American Psychological Association、APA)は2009年、「性的指向を変えようとする試みは、成功する見込みが少なく、危害を及ぼすリスクが存在することもある」と結論付けた。

 国連(UN)の世界保健機関(World Health Organization、WHO)の米州事務局である汎米保健機構(Pan American Health Organisation、PAHO)は12年の報告書で、性的指向を変える施術は「医学的根拠に欠け、倫理的に容認しがたい」と述べている。

 米カリフォルニア(California)州は昨年、未成年者へのこうした施術を禁止した。同性愛者の権利擁護運動に押され、米国の他の州でも同様の措置が確実視されている。

 こうした動きに中国のグループも続いている。英米両国の大使館が一部資金を提供している「北京LGBTセンター(Beijing LGBT Center)」は先月発表した声明で、こうした施術は同性愛者の身体的、精神的健康を大きく損ない、自尊心をいっそう傷つけるものだと非難した。

 北京LGBTセンターに関わる2人の運動家は、性的指向を変える施術を行っていると思われるクリニックの前で「同性愛は病気ではない」と書いたスローガンを掲げた。こうしたクリニックなどの営業許可証を取り消すよう保健当局に働き掛けたいという。

 AFPが取材した数件のクリニックは、同性愛は「生まれつき」でなければ、変えることが可能だと述べた。

 しかし広東(Guangdong)省の営業マン、リウ・ウェイさん(21)は「施術を受けた友人はたくさんいるけど、何人かは精神的に参ってしまった」という。また、リウさん自身が訪れたた医院では、ポルノ映画を見て、性的なことを思い浮かべたら、手に巻き付けたゴムバンドで自分を弾くように言われたという。

 電気ショック療法を受けていたザンさんは、性的衝動は最初に消えたが、その先に大きな苦難が待っていたという。ザンさんは抑うつ状態になり、仕事を辞め、医療費を払うために借金を抱え、果ては自殺も考えた。「頭痛がひどくて我慢できなかった。死んでこれを止めたいと思った」と振り返る。

 最終的にザンさんは、自分の性的指向を変えられないことを受け入れ、父親にカミングアウトした。「後になってこれまでの人生を思えば、小さなころから自分はこうだった。同性愛者であることは、ひどいことじゃない」と今は思っている。(c)AFP/Tom HANCOCK

http://www.afpbb.com/articles/-/3006900?pid=0&page=2

5 :名無しさん@13周年:2014/01/20(月) 21:18:03.09 ID:exNnQYUi0
ちんぽに電気ショックとか超怖いんですが。拷問かよ

10 :名無しさん@13周年:2014/01/20(月) 21:22:26.26 ID:ndCf4lJE0
同性愛宣伝禁止法を制定したロシアとどっこいどっこい。
欧米各国の首脳がソチの開会式をボイコットしたのは理解出来る。

| 同性愛ニュース | 11:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新宿で大竹しのぶさん主演舞台「太鼓たたいて笛ふいて」

 紀伊國屋書店新宿南店7階にある「紀伊國屋サザンシアター」(渋谷区千駄ヶ谷5、TEL 03-5361-3321)で1月16日から井上ひさしさん作で大竹しのぶさん主演の舞台「太鼓たたいて笛ふいて」が上演されている。
1390207375.jpg


 「太鼓たたいて笛ふいて」はこまつ座評伝劇シリーズの中でも最も人気のある作品のひとつ。2002年の初演以降再演を重ね、4度目の上演。作者の井上さんは「戦中は従軍記者として活躍した林芙美子さんが戦後は一転して反戦小説をかくようになったその凛々しい覚悟、自分の責任を徹底的に追及し、戦争に真正面から向き合った生涯を尊いものに思い、この作品を書き上げた」と語っている。こまつ座30周年を迎えるにあたり、井上さんが信頼をおいた栗山民也さんの演出で6年ぶりの再演となる。

 「2002年の初演時、芙美子役の大竹さんを筆頭とする俳優陣の卓越な演技と栗山さんの切れ味鋭い演出、そして音楽をふんだんに盛り込んだ新鮮な作劇が、観客の心をゆさぶり、圧倒的な評価を得、その年の演劇賞を独占した。また、朴勝哲さんの生演奏のピアノにのせてお届けする、ベートーベン、チャイコフスキーからロジャース、宇野誠一郎さんの『ひょっこりひょうたん島』までの、幅広い楽曲、それを見事に歌いあげる舞台俳優ならではの豊かな表現力にもご注目いただけたら」見所を語る広報担当者。

 主演の大竹さんは公演初日に「初演時、私は毎晩空を見ながらこの芝居に出逢えたことに感謝をしていました。そして、役者としての意味を知ったのもこの芝居のような気がします。私たち役者の身体を通して、井上さんの言葉が、思いが、お客様の心に深く、強く、そして優しく沁み渡っていくのを毎日感じることが出来ました。6年振り4度目となる今回。いつも褒めて下さった井上さんはもういらっしゃいません。それだけが本当に残念です。今、この時に、井上さんがいたら何とおっしゃっていただろう。どんな本をお書きになっただろう。3・11以降、私たちはずっとそんなことを考えていました。けれど、今回稽古を始めてみて全員が思ったこと、それは、この本はまさに今お書きになったのではないかということです。それほど鋭く、今の私たちに必要な言葉だということが分かります。むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかくとおっしゃった、今日も井上さんの言葉を伝えられる喜びを感じながら、舞台に立ちます」とコメントを寄せた。

 上映は2月9日まで。上映スケジュールはホームページで確認できる
http://shinjuku.keizai.biz/headline/1907/

| 新宿区ニュース&事件 | 09:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |