新宿御苑の不動産屋ブログ 【新宿二丁目】

レズビアン・ゲイ・おかま・おなべ・ニューハーフ・バイセクシャル・トランスジェンダー・ニューハーフ・ドラァグクイーンのゲイフレンドリーな不動産屋のブログです。 あくまで趣味のブログですので、お仕事のご要望にはそえない場合があります。

2013年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

<米大統領>同性愛者抑圧政策が理由 ソチ五輪欠席で示唆

【ワシントン白戸圭一】オバマ米大統領は20日の記者会見で、来年2月にロシアで開催されるソチ冬季五輪の開会式・閉会式に自らが出席しない理由について「我々は五輪や競技会の場で性的指向に基づいて人を区別したりはしない」と述べ、同性愛者に対するロシアの抑圧的政策に抗議して訪露を見送ったことを示唆した。

 ロシアで今年6月に成立した同性愛宣伝禁止法については、同性愛者に対する差別だとの批判が欧米諸国を中心に強まっている。

 オバマ大統領は記者会見で、五輪への欠席理由を問われたのに対し、「行けるならば行きたいが、人々が話題にしていることがある状況下で、行くことは困難だ」と述べ、ロシアの同性愛者に対する政策が欠席の理由であることを示唆した。

 ソチ五輪の米代表団には、同性愛者であることを明らかにしている元女子テニス選手、ビリー・ジーン・キングさん(70)らが加わっており、米政府はロシアの政策に対する抗議の意思を明示している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131221-00000029-mai-int

| 同性愛ニュース | 15:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

レズビアンの恋愛・交際・出会いなどに特化した、レズビアンの恋愛情報サイト【恋愛STYLE for レズビアン】

こんにちは、モンキー・チョップです。
最近は新宿2丁目でもビアン・おねべのお店が増えましたね~^^

私の確認してるだけでも33件!
ミックスや観光バーを入れるともっと多いのではないでしょうか!?
興味のある方はコチラからどうぞ!
新宿2丁目振興会 加盟店一覧(順不同)


という事で、


相互リンクをして頂いているブログ
【恋愛STYLE for レズビアン】さんを紹介したいと思います。

【カテゴリ】が充実していますし、なにより読みやすいサイトです。
【掲示板】も併設されてますので「読む」だけでなく「相談」も出来るのが魅力ですね!

URL:恋愛STYLE for レズビアン
112234_convert_20131221144108.jpg

【記事:Q.実は私レズなんです。将来が不安です・・・から抜粋】
Q.実は私レズなんです。将来が不安です・・・

女性 32歳 福祉関係
私の悩み聞いていただけますでしょうか?
実は私、レズなんです。
最初は自分がレズという事に気がつかなかったというか、普通に男性が恋愛対象でした。でも、同姓の友達に告白されてから日に日にその友達の事が気になってきて、恋愛対象として見てしまう様になりました。
今となってはキスだけではなくその先に進んでます。
いつも考えるのはその子ことばかりで、頭から離れません。
同姓同士は結婚できないし、その子とはいつか別れなければならない時が来ると思うんです。
お互いに男性を見つける事が大切だと思うんです。

私はこれからどうしたらよいのでしょうか?



A.女としてのゴールは結婚なのでしょうか?

質問返しになってしまっていますが、あなたの思う女としてのゴールは結婚だとお考えですか?
女としてじゃなくても、人として生きる人生のゴールは結婚ではないと私は思ってるんです。
そりゃ、(金銭的な面で)夫に支えられ、子供を産み、老後は子供や孫に助けてもらう人生というのが無難で安定した人生なのかもしれません。

「まだ結婚しないのか」という周りの目は気になりますよね。
親からも「早く孫の顔が見たいわ」なんて言われてプレッシャーを常に感じている状況なのかもしれません。
でも、あなたの幸せは自分の恋愛感情にウソを付いて、その道を選ぶことなのでしょうか?
お互いに愛し愛される実感を得ながら人生を送るのが一番大切なんじゃないかと私は思います。
世間体を考えるよりもまずは自分自身が幸せになる最良の道を今一度考えてみる機会をつくってみてはいかがでしょう?
その上で、やはりお互い別れ、旦那を見つけ子供を育てるという選択をしたのであれば、納得もできるのではないでしょうか。

女性が好きという気持ちのはけ口にまた悩んだら、愛人として付き合っていく方法も?(笑)というのは冗談ですが、必ず悩むことが出てくるかと思います。
子供の子育てや教育に時間とお金がかかって、愛人を作ってる暇はないと思いますし…
それも覚悟の上で、しっかりと自分自身で考えてみてください。
ソース→http://forlesbian.blog.fc2.com/blog-entry-827.html
                                       以上ここまで


ほかにも色々な記事がありますので、ぜひご覧下さい。
URL:恋愛STYLE for レズビアン

| レズビアン(L)・おなべライフ | 14:46 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |