新宿御苑の不動産屋ブログ 【新宿二丁目】

レズビアン・ゲイ・おかま・おなべ・ニューハーフ・バイセクシャル・トランスジェンダー・ニューハーフ・ドラァグクイーンのゲイフレンドリーな不動産屋のブログです。 あくまで趣味のブログですので、お仕事のご要望にはそえない場合があります。

2010年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年12月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

佐良直美が30年前のレズビアン騒動を語る

 デビュー曲「世界は二人のために」(1967年)が120万枚を売る大ヒット、歌手としても女優としても活躍した佐良直美(65)が、実に27年ぶりのシングル「いのちの木陰」(ビクター=11月24日発売)をレコーディングした。87年を境に芸能界から遠ざかった佐良は栃木県内で犬のしつけ施設・AFCを経営し、成功している。今回、復帰を決意した真意とは? そもそも芸能活動停止の理由は? そしてあの“レズ騒動”の真相を30年の月日を経て明かす——。

20101113-sagara_naomi.jpg

——今回、CDを出すことになった経緯は 
佐良:今年のお正月に旧知の人たちと集まった時、綾戸智恵さんのモノマネをしながら歌ってたら、菊やん(注1)にしつこく「また歌わないとダメだ」と説得されましてね。前にも言われたけど、今回は特にしつこくて、根負けして「渋谷毅先生が曲書いてくれるなら」と答えたんです。渋谷先生は亡くなったと思ってて、これであきらめると考えたんだけど、まだご存命だった…。しくじりました(笑い)。 

——なぜ拒否を 
佐良:恥ずかしいんですよ。私、昔からシャイで、小さい時は動物と一緒じゃないと普通に写真が撮れなかった。(現役時代も)ステージでは目一杯やるけど、お化粧落として素に戻ると、人に会うのが恥ずかしくて、車のトランクに隠れたこともあるぐらい。今回も名前を出すのが恥ずかしいから、犬の名前から取った「マギー・キム」名義でインディーズで出そうとしたんです。 

——それがなぜ大手に 
佐良:石井ふく子先生に相談したら「佐良直美名義でメジャーから出しなさい」と。私の辞書に石井先生への「NO」はありません(笑い)。 

——これは「本格復帰」と考えてよいのか 
佐良:いえ、やってもあと1〜2回でしょう。それで体力の限界。冬眠します(笑い)。今の私には150匹の犬や猫がいます。寿命が短い動物には人間の1日が4〜5日に相当する。だからできるだけ一緒にいてあげたいんです。 

——コンサートは 
佐良:結構です。人がたくさんいて恥ずかしいですから(笑い)。 

——芸能界への未練は 
佐良:全くありません。 

——そもそも恥ずかしがり屋なのになぜ歌手に 
佐良:本当はフジテレビで音楽番組のディレクターをやりたかったんですよ。それで日本大学芸術学部に進学し、在学中から「番組で使われる身を経験しよう」と日航ミュージックサロンなどで歌ってたんですね。でも私が卒業する年、フジは女性Dを募集してなかった。一方で歌の方ではスカウトが来ていて、いずみたく先生(注2)とビクターの小沢ディレクターが認めてくれたことから、あのデビュー曲を歌うことになったんです。 

——そのデビュー曲「世界は二人のために」がいきなり大ヒット。かなり多忙だったのでは 
佐良:デビューから半年間は休みゼロ。睡眠時間は毎日2〜3時間。最後はさすがにぶっ倒れました。レコード大賞を頂いた頃は、1か月に仕事が80本ということも。 

——ドラマにも出演し人気絶頂だった中、80年にあの騒動(注3)が 
佐良:レズ騒動ですか。あれは何がなんだか全然わかりません。ビックリするだけでした。ただ、どの社会にも裏表や力関係がある、そういうことなんでしょうね。

——というと 
佐良:しょうがないです。事務所を独立した後でしたし、やっぱり弱い者は強い者にのまれるんでしょうね。 

——人気をねたまれたのか 
佐良:そうじゃなくて、人身御供も必要ということです。1人いけにえに出せばほかは助かるとか、こっちに溶岩を流す口を作れば、こっちの村は助かる…。そういうことだと、私は聞きました。 

——騒動の裏で助かった人がいた!? ウソだったということか 
佐良:そうです。まるっきりウソでした。もちろん(キャッシーは)一時同じ事務所にいたから知ってましたよ。結局、大きいものにのまれたということですね。

——最初に報じた梨元勝リポーターが先日、亡くなった。週刊誌に佐良さんの「お気の毒に」という言葉が出ていたが 
佐良:確かに言いました。入院したことはテレビで知りまして…。お会いしたかったですね。昔話なんかをいろいろとしたり、梨元流解釈とかあるじゃないですか。直接伺ってみたかったですね。 

——怒っていない 
佐良:当時は頭にきてましたよ、それはね。でもそんなこと引きずって何になりますか。あの方はあれが仕事なんです。お会いしてお話ししたかったですね。でもこういうこと言ってて、化けて出て来られたら怖いですが(笑い)。 

——あの騒動が芸能界から身を引くきっかけか 
佐良:それは全く違います。あの後も仕事はありましたから。理由の一つは師と仰いだ水島早苗先生(注4)が亡くなり、自分の歌い方が正しいのかわからなくなってしまったことです。私にとってジャズを歌う時の羅針盤のような方だったから。全員「ダメ」でも、水島先生が「OK」なら満足でしたし、ほかの人に褒められても物足りなくなってしまった。 

——ほかの理由は 
佐良:86年にその水島先生にささげたジャズのアルバム(カセットテープのみで発売)を出し、これで燃え尽きて、歌への情熱がなくなってしまった。歌手としてどうしても出したかったから、もう何も思い残すことはないという気持ちに。そして87年に声帯ポリープで手術し、1年は歌えなくなった。その頃、家の会社(巴工業)を手伝うことになりましてね。9時〜5時で働いて、夜に歌なんて、眠くなっちゃって(笑い)。歌うにはのどや体の状態に神経を使わなきゃいけないけど、会社とAFCがあって、そういうわけにも…。 

——自然に歌から離れたと…。会社は 
佐良:定期を買って、月〜金で通勤してました。18年間ね。途中からこっちでAFCを始めたので、最後の方は毎日は行けなかったですが。 

——現在は犬のしつけの第一人者。最後に愛犬家に伝えたいことを 
佐良:年を取られてからは、大型犬は飼わないでくださいね。老々介護になって大変です。それから動物は必ず飼い主に何かを教えてくれます。そういう気持ちで犬や猫に接してください。

<さがら・なおみ>1945年1月10日生まれ。東京都出身。16歳から水島早苗氏に師事しジャズを学ぶ。67年のデビュー曲「世界は二人のために」でレコード大賞新人賞、69年の「いいじゃないの幸せならば」でレコード大賞を受賞。新曲「いのちの木陰」は27年ぶりのシングル曲。英語版は「マギー・キム」名義。祖父が始めた巴工業の筆頭株主。栃木県那須塩原市で犬のしつけ施設・アニマルファンスィアーズクラブ(AFC)を経営。

【注1】オフィスキクチ・菊地敏一社長の証言「モノマネといっても素晴らしく、感動して涙が出ました。あそこまで歌えるなら絶対に歌わせないとダメだと、説得を重ねて1月10日頃にOKをもらいました」
【注2】1930〜92年。作曲家。佐良が歌った「世界は——」「いいじゃないの——」のほか「見上げてごらん夜の星を」「太陽がくれた季節」などの名曲を手がけた。
【注3】80年にお笑いタレント・キャッシーが梨元リポーターに「佐良とレズ関係だ」と話したことから騒動に発展。後にキャッシーが佐良に謝罪の手紙を書き収束。当時、佐良は全面否定していた。
【注4】1909〜78年。日本の女性ジャズボーカリストの草分け。テレビ映画「悪魔くん」(66年=NET系)のオープニングで「エロイムエッサイム〜」と不気味な呪文の声を担当していたことでも知られる。
http://www.tokyo-sports.co.jp/hamidashi.php?hid=10840

| レズビアン(L)・おなべライフ | 16:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

英国でカミングアウト年齢の低下

イギリスのLGBT権利団体ストンウォールは、ゲイ、レズビアン、バイセクシュアルをカミングアウトする人たちの平均年齢が過去40年で低下したと発表した。15日、英国ガーディアン紙が報じた。

20101122_comeout.jpg


ストンウォールの調査によると、60代以上の平均カミングアウト年齢が37歳だったのに対し、30代の平均カミングアウト年齢は21歳。さらに18~24歳のグループでは、平均カミングアウト年齢が17歳だった。

ソーシャル・ネットワーキング・サイトで実施された今回の調査は、カミングアウトをしていない人々の数を考慮していない。しかし、60代以上の回答者33人に対して、18歳以下でカミングアウトした人たちがわずか5人であることなど、一定のパターンからカミングアウト年齢の低下を明らかにすることができるとストーンウォールは話している。

ストンウォールのラス・ハント氏は「カミングアウトの平均年齢は、年々低下しています。イギリスは、かつてよりLGBTに対して公平な国で、支援があります。準備ができ、勇気があるなら、あなたはカミングアウトをためらうことはありません。」と話し、「今日の若者は、セクシャリティーに関する膨大な情報を容易に取得できます。また、同性愛者はTV番組やあらゆる場で世間の注目を浴びています」とカミングアウトの年齢が低下した理由について説明した。(編集・翻訳:ゲイジャパンニューススタッフ)
http://gayjapannews.com/news2010/news37.htm

| 同性愛ニュース | 15:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

米レズビアン&ゲイ情報誌「OUT」が今年のキーパーソン100人を発表

[映画.com ニュース] LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)向けの米情報誌「OUT」が、今年の各界のキーパーソン100人を選ぶ「OUT 100」を発表した。

aflo_rm.jpg

なかでも栄えある“エンターテイナー・オブ・ザ・イヤー”に輝いたのは、今年3月に同性愛者であることをカミングアウトしたプエルトリコ出身の人気シンガー、リッキー・マーティン。ゲイであることを隠していることで、長いあいだ抱えてきた重荷から自己を解放した勇気が評価された。

また、“ディーバ・オブ・ザ・イヤー”にフィギュアスケーターのジョニー・ウィアー、“アーティスト・オブ・ザ・イヤー”に、トム・フォード監督作「シングルマン」や、レズビアンの母親を演じた「The Kids Are All Right」に出演したジュリアン・ムーアが選ばれた。

映画&テレビ界からは、12月米公開予定の新作「ラビット・ホール(原題)」が高く評価されているジョン・キャメロン・ミッチェル監督、2010年カンヌ映画祭パルムドール受賞作のタイ映画「ブンミおじさんの森」のアピチャッポン・ウィーラセタクン監督、フォックスの大ヒットシリーズ「Glee」のゲイの少年カート役のクリス・コルファー、「グレイズ・アナトミー」のジョージ役で知られるT・R・ナイト、米ウォルト・ディズニー・スタジオのリッチ・ロス会長らがランクインした。

http://eiga.com/news/20101118/6/

| ゲイ・おかまライフ | 12:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

可愛かったあの子がオカマに!

19 名前:風と木の名無しさん[sage] 投稿日:2010/11/15(月) 23:52:27 ID:RPg2YR3lO
可愛かったあの子がオカマに!


20 名前:1/3[sage] 投稿日:2010/11/16(火) 04:10:02 ID:FWfVsXAk0
小学生の時、同じクラスにサトという男子がいた。

背が低くて痩せていて、

「あの子は女子よりも女子らしい」

と、からかわれたり羨ましがられたりしていた奴だった。

卒業式の後、親の都合で他県の中学に通っていた三年間はサトの姿を見ていなかった。
だから、彼の身に起こった「事件」の噂を聞いても、どうにも信じられなかったのだ。
 
 
しかし、

「もー、遊びに来るなら先に言っといてよね! もうメイク落としちゃったんですけどぉ!」
「いや俺ケバいの嫌いだし――って、何が楽しくて男が男に会う時に化粧の心配してるんだよ」

スカートを履いた180センチ超の骨太野郎が女言葉で喋っているのを
目の当たりにしてしまっている以上、認めざるをえない。

『サトが驚異的な成長期の反動でオカマに目覚めた』

この荒唐無稽な現実を。

「けどさー、お前も毎日よくやるよなー。化粧とかムダ毛処理とかめんどくさくないの」

「折角校則ユルユルの学校入ったんだもん。気合入れてオシャレしなきゃ」

「いくら『自由な校風がわが校の伝統です』っていっても
 自由すぎるだろお前は。めちゃくちゃ有名人だぞ」

「それくらいのほうがいいわよ。キャラとして認知されちゃったっていうかー」

屈託なく笑うサト。
化粧をしていなければ、幾分大人びたとはいえ昔とそう変わらない顔だ。

その時ふと、再会してからずっと聞きたかったことを聞いてみる気になった。

「なあ」

「なに?」

「や、なんでそんな、オカマって言うか、女みたいにしてるのかな、と……女になりたいから?」


21 名前:2/3[sage] 投稿日:2010/11/16(火) 04:14:44 ID:FWfVsXAk0
割と思い切って尋ねたのだが、

「ううんー、別に性転換とかはしたくないのよ?」

サトの返事は思いの外あっさりしたものだった。

「ただね、女子の格好とか喋り方って可愛いじゃない。可愛いのが、好きなだけよ」

好きな物を真似たくなる。嗜好の対象はともかく、
理屈が通っているといえば通っているのかもしれない。

一瞬納得しかけるが、

「……え、ちょっと待てよお前」

記憶の中の彼と、今の彼の間に、噛み合わないところを見つけた。

「お前いつから可愛いのが好きになったんだよ」

「え」

隣りに座るサトの肩が、ピクリと動いた。それに構わず言い募る。

「だってお前、小学校の頃『おれは可愛くなくなるんだ!』ってうるさかったじゃん。
『かっこいいとこ見せてやるぜー!』とか言って教室の窓から飛び降りて大事になったのだって
 覚えてるぞ俺は。
 そうだ、修学旅行の出し物で女装するのだって本気で嫌がって――」

「あの頃は!」

突然サトが怒鳴った。
思わず言葉を止めて彼の方を見ると、何かをこらえるように膝を抱えていた。

「あの頃は……ずっと、今のままだって、思ってたから」

先ほどとは打って変わって、しぼりだすような声だった。

お互い無言のまましばらく時間がたって、サトはぽつりぽつりと話し始めた。

「好きな奴がいたの。他の子達とおなじように『お前可愛いな』なんて言ってきてたけど、
 なんでかな、そいつに言われた時だけは嬉しかったんだ。
 だけど、中学入って、背ぇ伸びて、肉もついて、『可愛い』って言われることもなくなってきた。
 最初は喜んだよ、けど急に怖くなった。――『可愛く』なくなってたら、あいつおれのこと
 どうでもよくなるんじゃないかって。それが、ホント、すげー嫌で、だから」

「だから可愛い女子みたいに振る舞いだしたのか」

気づいたら俺は俯いていたサトの両肩を掴んでいた。半泣きの奴と目が合う。
ああ、こいつ相変わらず馬鹿だ。呆れるほどに、いじらしい。


22 名前:3/3[sage] 投稿日:2010/11/16(火) 04:18:26 ID:FWfVsXAk0
「あのなーサト」

「な、んだよ」

「お前が好きだった奴のことは知らん。けどな、俺に限って言えば、あの頃のお前の
 見た目で可愛いとか可愛くないとか言ったつもりはなかったんだぞ?」

「へ……?」

「そういうアホな所とか、変な方向に一生懸命な所とか、今も昔も変わらない所が、お前の……」

今さら何かすごく恥ずかしいことを言っている気がしてきたが、もう後には退けない。

「――お前の可愛いところで、俺はお前のそういうところが好きなんだよバカヤロウ」

半ば逆切れ状態で言い切ると、サトはしばらくぽかんとしていた。

が、次の瞬間

「そっかー……了解っ」

ポロポロ涙を零しながら、満面の笑みを浮かべたのだった。

「で、相変わらずオカマキャラは続行、と」

「結構好評だしねぇ。それに、可愛いのが好きになったのはホントなのよ?」

「あっそう……あ、けど」

「え、なになに?」

「化粧薄くなってるな。そっちのほうが、いいんじゃないの?」

「……っ!」

――可愛かったあの子は、オカマになっても可愛い。

http://mogeonna.seesaa.net/article/169749201.html

| 2ちゃんねる@同性愛 | 14:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【映画】様子がおかしい夫の浮気相手は男。さらにその男と探偵が惹かれ合い…中国のタブー描く、映画「スプリング・フィーバー」[

 ■製作禁止中の監督

 2006年の映画「天安門、恋人たち」によって、中国当局が命じた5年間の映画製作・上映禁止処分の最中、家庭用ビデオを 片手に街へ繰り出した。「かえって自由な雰囲気の作品が撮れた」と満足げなロウ・イエ監督(45)の新作が中仏合作映画 「スプリング・フィーバー」だ。

 ロウ監督は「ありふれた南京の日常を描いただけ」と紹介するが、テーマは中国で忌避の対象となっている同性愛者の恋愛模様というから、穏やかではない。二枚目俳優としてキャリアを重ねてきた主演のチン・ハオ(32)、チェン・スーチョン(32)はどんな思いで撮影に臨んだのだろう。

 女性教師リン・シュエ(ジャン・ジャーチー)は、様子がおかしい夫ワン・ピン(ウー・ウェイ)に女の存在を疑い、探偵(チェン・スーチョン)に調査を依頼。ところが浮気相手はジャン・チョン(チン・ハオ)という青年だった。それぞれの関係が冷めていくのを尻目に、ジャン・チョンは探偵とひかれ合っていく…。

 ■男同士のラブシーン

 後にカンヌ国際映画祭脚本賞を受賞するメイ・フェンの脚本には、男性同士の激しいラブシーンがたっぷり描かれていた。だが、 興味があったら電話をくれ」というロウ監督にチンとチェンは二つ返事で応じた。

 「これまでの中国にない特殊な作品だからね」とチェン。とはいえ、同性愛のラブシーンなど主演2人には未知の領域だ。チンは 「映像資料に没頭し、同性愛者に取材も重ね、イメージを膨らませた」。準備万全で撮影に臨んだつもりでも、チェンとのラブシーンに腰が引ける場面もあった。

 「君がこの難役をこなしたとき、多くの中国人が感謝する、意義のある作品ができる」。ロウ監督からの激励を反芻(はんすう)し、 自分を鼓舞した。
チェンは「異性愛者である自分を演技の上で乗り越えることで、俳優として大きな世界が開けた。人生で越えなければならない山を越えた」と感謝する。

 ■闘う反骨精神

 チンは、ロウ監督の自由を享受すべく闘う反骨精神について「監督の作品は見るたびに発見がある」と尊敬の念をにじませた。
「監督は困難な時にあえて撮ろうとした。そんな監督の作品に出演できて幸運です」と話し、ロウ監督をにらむ当局の姿勢も意に介さない。

 チェンも腹がすわっている。穏やかな口調ながら「中国の映画市場はロウ・イエ監督に開かれるべきだ」と強調し、「中国に芸術を 作れる土壌ができることを願っている」と語った。
tnr1011121553014-n1.jpg

http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/101112/tnr1011121553014-n1.htm

| ゲイ・おかまライフ | 10:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT