FC2ブログ

新宿御苑の不動産屋ブログ 【新宿二丁目】

レズビアン・ゲイ・おかま・おなべ・ニューハーフ・バイセクシャル・トランスジェンダー・ニューハーフ・ドラァグクイーンのゲイフレンドリーな不動産屋のブログです。 あくまで趣味のブログですので、お仕事のご要望にはそえない場合があります。

2010年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

LGBT青少年の自殺を受けて、米国著名人らがYouTubeでメッセージを公開

いじめを苦に自殺をするLGBT青少年がアメリカでは社会問題となり、自殺をしないよう呼びかける著名人らのメッセージがYouTubeで次々と公開した。

20101027_itgetsbetter.png

ニュージャージー州ラトガース大学の学生寮で、男性と性行為をしているところを盗撮され、インターネット上でさらされた男子学生が、それを苦に今年9月22日、ハドソン川にかかるジョージワシントン橋から投身自殺した。アメリカでは同じ週に、カリフォルニアの13歳の男子学生、テキサスの15歳の男子学生が、同性愛であることでいじめられ自殺に追い込まれるという事件が起きている。AP通信によると、2003年以降、11~18歳の少なくとも12人が同性愛を苦に自殺を遂げているという。

動画共有サイトYouTubeには、同性愛でいじめを受け悩む10代に向けて、自殺をしないよう呼びかけるメッセージ「It gets better(いまより良くなるから)」が次々と公開。米国の人気ドラマ「Glee」でゲイのカウンターテナーを演じ、実生活でもゲイであることをオープンにしているクリス・コルファーさんは、「同性愛者が毎日いじめられ、人生に希望が見えないように思えてしまうことは、僕にはよく分かるよ。だけど、周囲の人々に受け入れられて、愛される日はきっと来るよ」というメッセージをYouTubeに掲載している。

シザー・シスターズのジェイク・シアーズ、グッド・シャーロットのジョエル・マッデン、俳優のザカリー・クイント、シンガーソングライターのケシャ、オバマ大統領、ロサンゼルスのゲイメンズコーラスメンバー、GoogleのLGBT従業員、ブロードウェイミュージカル・ウィキッドのキャストメンバー、ラジオ司会のダン・サベージ、ゲイコメディアンのジェフリー・セルフなど、多数の著名人がYouTubeに応援メッセージを掲載している。(編集:ゲイジャパンニューススタッフ)

もとネタはコチラ

| 同性愛ニュース | 15:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

同性愛に対する発言後2万4千人が脱会 フィンランド福音ルーテル教会

フィンランド福音ルーテル教会は今月、キリスト教民主党代表による同性愛者の権利に対する発言を受けて、信者の大規模な脱会を誘発したと地元メディアが伝えた。

20101027_paivi.jpg


キリスト教民主党のピビ・ラサネン党首(=写真)は、フィンランド国営放送ネットワーク2のテレビ討論にゲストのひとりとして出演。同性愛者の権利について否定的な発言を繰り返した。

テレビ討論が放送された今月12日から脱会者が急激に増加。18日までに2万4千人以上の人たちがフィンランド福音ルーテル教会を脱会。18日だけで5300人が同教会を辞め、1日の脱会者数としては過去最も多い人数となった。ルテール教会に次ぐフィンランド第2の国教と位置付けられるフィンランド正教会も同様の傾向が見られた。

フィンランド福音ルーテル教会とフィンランド正教会は、キリスト教民主党の重要な支持基盤。教会行政担当大臣のステファン・ワーリン氏は、「ピビ・ラサネンによる同性愛者の権利に対する発言によって多くの信者が教会を去りました。この責任を逃れることはできないでしょう。ラサネン党首は、キリスト教の価値観を代表する政党の党首だということを心に留めておくべきです。」と話した。

フィンランドは、2002年から同性パートナーシップ法が施行。同性結婚は認められていないものの、子どもの養子・養育、社会保障、租税の控除など異性カップルと同等の権利が同性カップルに認められている。(翻訳・編集:ゲイジャパンニューススタッフ)
http://gayjapannews.com/news2010/news33.htm

| 同性愛ニュース | 15:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |