新宿御苑の不動産屋ブログ 【新宿二丁目】

レズビアン・ゲイ・おかま・おなべ・ニューハーフ・バイセクシャル・トランスジェンダー・ニューハーフ・ドラァグクイーンのゲイフレンドリーな不動産屋のブログです。 あくまで趣味のブログですので、お仕事のご要望にはそえない場合があります。

2010年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

LGBT青少年の自殺を受けて、米国著名人らがYouTubeでメッセージを公開

いじめを苦に自殺をするLGBT青少年がアメリカでは社会問題となり、自殺をしないよう呼びかける著名人らのメッセージがYouTubeで次々と公開した。

20101027_itgetsbetter.png

ニュージャージー州ラトガース大学の学生寮で、男性と性行為をしているところを盗撮され、インターネット上でさらされた男子学生が、それを苦に今年9月22日、ハドソン川にかかるジョージワシントン橋から投身自殺した。アメリカでは同じ週に、カリフォルニアの13歳の男子学生、テキサスの15歳の男子学生が、同性愛であることでいじめられ自殺に追い込まれるという事件が起きている。AP通信によると、2003年以降、11~18歳の少なくとも12人が同性愛を苦に自殺を遂げているという。

動画共有サイトYouTubeには、同性愛でいじめを受け悩む10代に向けて、自殺をしないよう呼びかけるメッセージ「It gets better(いまより良くなるから)」が次々と公開。米国の人気ドラマ「Glee」でゲイのカウンターテナーを演じ、実生活でもゲイであることをオープンにしているクリス・コルファーさんは、「同性愛者が毎日いじめられ、人生に希望が見えないように思えてしまうことは、僕にはよく分かるよ。だけど、周囲の人々に受け入れられて、愛される日はきっと来るよ」というメッセージをYouTubeに掲載している。

シザー・シスターズのジェイク・シアーズ、グッド・シャーロットのジョエル・マッデン、俳優のザカリー・クイント、シンガーソングライターのケシャ、オバマ大統領、ロサンゼルスのゲイメンズコーラスメンバー、GoogleのLGBT従業員、ブロードウェイミュージカル・ウィキッドのキャストメンバー、ラジオ司会のダン・サベージ、ゲイコメディアンのジェフリー・セルフなど、多数の著名人がYouTubeに応援メッセージを掲載している。(編集:ゲイジャパンニューススタッフ)

もとネタはコチラ

| 同性愛ニュース | 15:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

同性愛に対する発言後2万4千人が脱会 フィンランド福音ルーテル教会

フィンランド福音ルーテル教会は今月、キリスト教民主党代表による同性愛者の権利に対する発言を受けて、信者の大規模な脱会を誘発したと地元メディアが伝えた。

20101027_paivi.jpg


キリスト教民主党のピビ・ラサネン党首(=写真)は、フィンランド国営放送ネットワーク2のテレビ討論にゲストのひとりとして出演。同性愛者の権利について否定的な発言を繰り返した。

テレビ討論が放送された今月12日から脱会者が急激に増加。18日までに2万4千人以上の人たちがフィンランド福音ルーテル教会を脱会。18日だけで5300人が同教会を辞め、1日の脱会者数としては過去最も多い人数となった。ルテール教会に次ぐフィンランド第2の国教と位置付けられるフィンランド正教会も同様の傾向が見られた。

フィンランド福音ルーテル教会とフィンランド正教会は、キリスト教民主党の重要な支持基盤。教会行政担当大臣のステファン・ワーリン氏は、「ピビ・ラサネンによる同性愛者の権利に対する発言によって多くの信者が教会を去りました。この責任を逃れることはできないでしょう。ラサネン党首は、キリスト教の価値観を代表する政党の党首だということを心に留めておくべきです。」と話した。

フィンランドは、2002年から同性パートナーシップ法が施行。同性結婚は認められていないものの、子どもの養子・養育、社会保障、租税の控除など異性カップルと同等の権利が同性カップルに認められている。(翻訳・編集:ゲイジャパンニューススタッフ)
http://gayjapannews.com/news2010/news33.htm

| 同性愛ニュース | 15:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【韓国】人権委「軍隊の同性愛処罰は違憲の可能性」 国防部は反発

軍隊内での同性愛を刑事処罰している韓国の軍刑法条項に対して憲法違反の素地があるという国家人権委員会の判断が出た。これを受けて、軍隊内の同性愛をめぐる議論が再燃しそうだ。

人権委員会は、25日開催された全員委員会で、「軍隊内の同性愛を処罰するよう規定している軍刑法第92条が同性愛者の平等権や性的自己決定権、私生活の秘密と自由を侵害し、罪刑法定主義にも悖るという意見を憲法裁判所に提出することを議決した」と、27日明らかにした。

関連条項は、憲法裁に違憲判断の申請が出された状態だ。同委員会の決定は、「軍関連性少数者人権侵害・差別の申告と支援のためのネットワーク」が今年5月、軍刑法第92条の違憲性の検討を求めて陳情を提起したことを受けたものだ。

同委員会の判断に対して国防部は直ちに反発した。国防部の関係者は、「軍刑法の第92条は、個人の性的自由を保護するものではなく『共同社会の健全な生活と軍綱紀』という社会的な法益を保護する条項だ」とし、「上下関係が厳しい軍組織において、強制的に同性愛の合意が行われる場合はどうするつもりなのか」と返した。

市民団体も、同委員会の判断をめぐって意見が分かれる。軍人権センターのイム・テフン所長は、「米国でも軍隊内の同性愛を処罰する法律はないものと聞いている。憲法裁は人権委員会の判断を尊重するべきだ」と話した。これに対して「正しい性文化のための国民連合」の関係者は、「北朝鮮と対峙している状況下で、人権委員会の判断は納得し難い」とコメントした。

http://japan.donga.com/srv/service.php3?biid=2010102892378

| 同性愛ニュース | 10:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

徳光家の最終兵器!?マツコ“妹分”ミッツ意外な素顔と経歴 (夕刊フジ)

 体重150キロの重量級、マツコ・デラックス(37)に対し、身長180センチと偉丈夫な“もうひとりの女装タレント”ミッツ・マングローブ(35)が急激にテレビやイベントをにぎわしている。いったいどんな人物なのか。


 本名・徳光修平。叔父はあのフリーアナウンサーの徳光和夫(69)で、“徳光家の最終兵器”の異名をとる。マツコ同様に女装タレントとして引っ張りだこだが、実に多彩な顔を持つ。

 「小・中学校をロンドンで過ごし、高等部からの慶応“ボーイ”。大学卒業後は、英ウエストミンスター大学コマーシャル・ミュージック学科中退-という華麗な学歴の持ち主です」(民放ディレクター)

 語学力を生かして昼は通訳を、夜は新宿2丁目のゲイ・クラブでドラァグクィーン(同性愛者の派手なパフォーマー)として舞台に立っていた。

 現在も週に数回、東京・丸の内の新丸ビル内にある男性禁制スナック「来夢来人」のママを務める。

 今年春ごろから、親友のマツコの代理としてテレビ番組に顔を出すようになり、徐々に人気が浸透。「歯にきぬ着せぬトークが身上で、教養もチラリと顔をのぞかせる」(放送作家)

 そのミッツ、まだ無名だった昨年、大好きな昭和歌謡を選曲、監修したCD「ヒメのたしなみ」をリリースして1万枚超の売り上げで音楽業界から注目されていた。

 ミッツを発掘したのは日本コロムビアの衛藤邦夫氏。2006年、弘田三枝子(63)のPV撮影でドラァグクィーンを演じた縁で、才能に気付いたという。

 「ミッツさんが監修したCDは『日本の女性なのだから、演歌ぐらいたしなむことができなければ立派な女性とは言えないわよ』というコンセプトでした。美空ひばりなら『愛燦燦』がカラオケで人気がある、といったママの視点で選曲してもらったことがウケて、今年8月に第2弾を出したほどです」と衛藤氏。

 ミッツ自身も生まれ故郷の横浜を歌った「ブルー・ライト・ヨコハマ」を熱唱している。最近では、叔父の和夫が顧問を務めるソニー・ミュージックアーティスツと契約。“ゲイ能界”にまた異才が現れた。


http://news.www.infoseek.co.jp/entertainment/music/story/26fujizak20101026010/

| ゲイ・おかまライフ | 15:38 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【タイ】世界的に知られたカリスマ美容師が刺殺、同性愛相手の犯行と見て捜査

 各報道によると、25日、チュムポン県トゥンタゴー郡内で、カリスマ美容師として知られるアヂャーン・ヂョーことタナガリット・シースバット氏(44)が自宅内で全身数ヶ所を刺され死亡しているのが発見された。

 死後10時間以上と見られ、また室内には物色されたあとがあった。また、現場の状況から、実行犯は家の裏口から押し入った、ないしは逃走したと見られている。

 タナガリット氏は、美容講師としてだけでなく、ヘアーデザイナーとして世界的に知られており、内外でヘアーデザイン関連の各種賞を受賞した後に日本を初めとする各国で美容室やヘアデーザイン講習等のビジネスを展開し、これで得た資金を元手に出身地でパームやゴム農園、犬や猫の繁殖事業を展開していた。

 警察は、同性愛者でもあるタナガリット氏の自宅に複数の若い男性が出入りしていた事から、自宅に出入りしていた者が自宅内にある金目の物目当てに犯行に及んだ、ないしは同氏に金をせびったところ、断られた為カットなって殺害した上で金品を盗み逃走したと見て捜査を進めると共に、24日に姿が目撃されて以降所在が不明になっているロートなる若い男性が何らかの事情を知っていると見て行方を追っている事を明らかにした。


http://thaina.seesaa.net/article/167278455.html

| 同性愛ニュース | 15:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT