新宿御苑の不動産屋ブログ 【新宿二丁目】

レズビアン・ゲイ・おかま・おなべ・ニューハーフ・バイセクシャル・トランスジェンダー・ニューハーフ・ドラァグクイーンのゲイフレンドリーな不動産屋のブログです。 あくまで趣味のブログですので、お仕事のご要望にはそえない場合があります。

2010年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年11月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【国際】同性愛者 差別解消進まぬ政権

 【ワシントン=岩田仲弘】同性愛者であることを公言し、軍務に就くことを禁止した米軍規定の執行中止を命じた連邦地裁の判断が、オバマ米大統領を悩ませている。

 米軍には現在、入隊審査で同性愛者と公言しない限り入隊を認める「聞かない、言わない」の暗黙の了解がある。だが、カリフォルニア州の連邦地裁は今月中旬、この軍務規定が憲法が定めた言論の自由に違反するとして執行中止を命じた。

 大統領は、同性愛を隠さずに軍務に就けるよう、「規定撤廃」を今回の中間選挙で訴え続ける。連邦地裁の判断は“追い風”になりそうだが、あくまでも下級審の判断。大統領は司法ではなく立法措置による撤廃を重視してきた経緯もある。

 連邦議会では、下院が規定の撤廃条項を盛り込んだ国防権限法案を既に可決。ただ、上院は共和党の猛反発で、採決を中間選挙後に先送りしている。

 司法省は、混乱を避けるため、執行中止命令を「不服」とし、連邦控訴裁に差し止めを申し立てた。これを受け、控訴裁は執行中止命令の仮差し止めを言い渡した。

 規定撤廃を目指しながら、裁判所の中止命令に異議を唱えるという政府の方針に、同性愛者の入隊希望者には怒りや失望の声が上がる。

 その一方、保守派の団体が仮差し止めを評価する“ねじれ現象”が起きている。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2010102602000025.html

| 同性愛ニュース | 14:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドラマ「人生は美しく」同性愛カップルの愛を誓う場面が削除

SBS週末ドラマ「人生は美しく」(以下「人生は…」)で、同性愛カップルが聖堂で愛を誓う場面が削除され、論議を呼んでいる。23日の放送内容にテソブ(ソン・チャンウィ)とキョンス(イ・サンウ)が聖堂で指輪を取り交わし2人だけの式を挙げる内容が含まれていたが、事前カットしたのだ。

放送直後、該当のホームページには「同性愛者に対する社会的差別をそのまま反映した」という抗議が殺到した。問題の場面は済州島の聖堂で撮影された。撮影協力を求めた際、制作陣は「2人が祈る場面」とだけ言った。しかし聖堂側は撮影中、愛を誓う場面だと気づき、進行を制止した。制作陣は撮影された一部分だけ削除するとしたが、結局放送直前に、場面全体を削除した。

脚本を担当したキム・スヒョン氏は怒りをあらわにした。自分のツイッター(@Kshyun)で「汚く濡れた雑巾で顔を拭かれた気分だ。見方の違いで流れやリズムも台無し」と不満を吐露した。「心の声で処理しようとしていたセリフのひと言、ふた言もダメだとし、とうとう削除しろという放送局側の要求に削除するという連絡を受けた」と話した。抗議表示で問題の場面のシナリオをそのままツイッターで公開した。

これに対してキム・ヨンソプSBS責任プロデューサーは「シナリオの段階では大きく問題になると思わなかったが、撮影が制止され、そのまま出すことも問題だと思った」とし「同性愛者たちの人権も保護しなければならないが、宗教家たちの教理と価値観も尊重されなければならないと思う」と明らかにした。

同性愛を現実的に扱って話題になった「人生は…」は、最近、法務部の決定で刑務所内での放送も中断された。

「人生は…」は63部作で11月7日終了予定。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101025-00000009-cnippou-kr

| ゲイ・おかまライフ | 14:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドレスアップが好きな息子を持つ母親、『マイ・プリンセス・ボーイ』を刊行

シェリル・キローデイビスさんは、息子について綴った絵本「マイ・プリンセス・ボーイ」をアメリカで出版した。

20101021_myprincessboy.jpg

キローディビスさんの息子のダイソン君(5)は、キラキラ光るドレスが好きなプリンセス・ボーイ。幼いころから、宝石やピンク色を好み、周囲の男の子とは異なるセンスを持ち合わせていた。

絵本の最初のページには、「世界中のすべてのプリンセス・ボーイへ。あなたは愛されています。あなたの個性を正しく理解する方法を私たちに教えてくれてありがとう。」と記載され、子どもや大人たちに個性を受け入れ、話し合いを始める機会をあたえている。

キローディビスさんとダイソン君が出演したTV番組では、「もし子どもが他の子どもと異なる志向を見せたら、どう対応すべきか」というテーマでインタビューが行われた。

キローデイビスさんは、「ダイソンに対する周囲の目が気になり、とても居心地が悪い思いをしました。男の子用の衣装も買い与えましたが、翌日には、自ら黄色のドレスを着ていました。これは、性別の表現方法ではなく、彼が何を楽しみ、何をしたいかということだけです。」と話した。

心理学者のビハワー氏は、「幼い子どもを持つ両親は、男の子や女の子という型にはめて考えるのではなく、本人の健康や幸せを考え、個人として創造性や可能性を見守ってあげることです。子どもの親として支援し、子どもを愛してあげることが最も重要です」と話した。

スタジオにいたダイソン君の父親はコメントを求められ「息子の健康と幸せが大切です。息子が何を選ぼうとそれは問題ではありません。息子の選ぶものにNOとは言いたくありません。彼の幸せが私たちの幸せです」と話した。

『マイ・プリンセス・ボーイ』の価格は12.60ドル。米国アマゾンや書店で購入できる。(翻訳・編集:ゲイジャパンニューススタッフ)
http://gayjapannews.com/news2010/news32.htm

| ゲイ・おかまライフ | 13:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【国際】同性愛の相手を殺害したサウジ王子に、英裁判所が終身刑…なおサウジに帰ると死刑の可能性があるため、英国に亡命の可能性

 【ロンドン共同】英国の裁判所は、ロンドンのホテルで召し使いの男性(32)を殺害したとして殺人罪に問われていたサウジアラビア王室の王子サウド・アブドルアジズ被告(34)に終身刑を言い渡した。英メディアが20日伝えた。

 報道によると、被告は同性愛者で、今年2月中旬、性的興奮を得るためにホテルで召し使いの男性を殴ったり縛ったりし、死亡させた。被告は過失致死だったと主張し否認していた。

 被告は元サウジ国王の孫。当初は外交特権による訴追の免除を求めたが、認められなかった。

 英国では終身刑の場合でも判決で示された一定期間を過ぎれば釈放の可能性が出てくる。被告は少なくとも今後約19年間は釈放されない。サウジでは、同性愛は死刑の可能性もあるため、英メディアは、被告は釈放された後、英国に亡命を求める可能性があるとしている。

http://www.47news.jp/CN/201010/CN2010102001001065.html

| 同性愛ニュース | 11:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「同性愛者を絞首刑にしろ」ウガンダ紙が男女100人の写真掲載 リスト者が襲撃事件の被害も

 同性愛行為に対し罰則を設けている東アフリカのウガンダで今月、大衆紙が同性愛者だとして男女100人の顔写真付きリストを掲載し「絞首刑にしろ」と呼び掛けた。リストに載った人が襲撃される事件も起き、人権団体が批判を強めている。

mds1010210945002-n1.jpg

 ウガンダからの報道によると、大衆紙「ローリング・ストーン」は今月9日の紙面で、100人の名前や住所、写真を掲載。同紙編集者は「当局が逮捕できるようにするため」と説明した。

 人権活動家らによると、少なくともリストに載った4人が何者かに襲われ、家に投石されるケースもあった。仕事を変えた人や、引っ越しを余儀なくされた人もいるという。

 アフリカの多くの国では同性愛は「白人の文化」などとして反発が根強く、ウガンダでは昨年10月、同性愛行為に対し死刑や終身刑を科す厳罰化法案が議会に提出された。(共同

http://sankei.jp.msn.com/world/mideast/101021/mds1010210945002-n1.htm

【2ちゃんねる】
5 :七つの海の名無しさん:2010/10/21(木) 10:41:29 ID:2gS05Ui1
世界各国のアホな国民共に言いたいんだけど
同性愛とか在日とかカルト以前にさ
被害者を殺してしまった性犯罪者とか
何度も詐欺または強盗で捕まってちゃっかり釈放される
犯罪者を絞首刑にしようや

いいかげん自分がその犯罪予備軍だからといって見苦しいんだよな

7 :七つの海の名無しさん:2010/10/21(木) 11:07:10 ID:SBSL0olE
人はほっとくと自分が不愉快ってだけの理由で人を殺せるわけだな

| 同性愛ニュース | 11:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT