FC2ブログ

新宿御苑の不動産屋ブログ 【新宿二丁目】

レズビアン・ゲイ・おかま・おなべ・ニューハーフ・バイセクシャル・トランスジェンダー・ニューハーフ・ドラァグクイーンのゲイフレンドリーな不動産屋のブログです。 あくまで趣味のブログですので、お仕事のご要望にはそえない場合があります。

2010年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

HIV感染者の入国を解禁、上海万博控え、中国が対外アピール?

 【上海=河崎真澄】中国政府がエイズウイルス(HIV)感染者やハンセン病患者に対する入国禁止措置を24日に撤廃し、実施に移していたことが分かった。29日付の中国紙、環球時報などが伝えた。5月1日開幕の上海万博を控え、対外的に開かれた姿勢をアピールする狙いとみられる。

 中国はこれまで、入国管理法実施細則でHIV感染者やハンセン病患者の入国を禁止。旅行者など短期滞在者は入国時の書類に感染の有無を申告する必要があり、駐在員など長期滞在者には、血液検査による入国前の証明を求めていた。

 HIV感染者らへの入国禁止をめぐっては、今年3月にオーストラリア人作家でHIV感染を公表しているロバート・デセイ氏の入国申請を中国当局が拒否し、国際社会から差別的措置だと批判が起きていた。

 上海万博事務局では10月末までの期間中、海外から350万人の来場者を見込んでおり、旅行者が増える中、開幕前に解禁することで国際的な批判をかわす狙いがあったようだ。中国英字紙チャイナ・デーリーの今月の世論調査では、84%がHIV感染者の入国を認めるべきでないと回答しており、一方では強い拒絶反応も残っている。

http://sankei.jp.msn.com/world/china/100429/chn1004291837005-n1.htm

| 同性愛ニュース | 18:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【リトアニア】バルトプライド開催中止

リトアニアの首都ビリニュスで今週末に開催が予定されていたバルトプライドが、保安上の理由から中止された。司法長官は、開催中止をホモフォビアによるものではなく、パレード参加者の安全を優先するための措置だと語ったが、当日は800人の警察官が警備に当たることになっていたため、ダリア・グリバウスカイテ大統領はこの決定を著しく非難。憲法で集会の自由が保障されていることを強調した。パレード実行委員会は、行政裁判所に上訴する構えだ。

thumb_Baltic20Pride.jpg


バルトプライドは、リトアニア、ラトビア、エストニアのバルト3国が持ち回りで開催しており、昨年ラトビアの首都リーガで開催された際も、リーガ市がパレードを中止に追い込もうとして、裁判になったいう経緯がある。リトアニアでは、昨年12月に公序良俗に関する法改正が行われたが、その中には同性婚の合法化に向けて障害となる法も含まれていると、同国のゲイ運動家は憂慮している。
http://www.gaylife.co.jp/news/2834/2847.html

| 同性愛ニュース | 11:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |