新宿御苑の不動産屋ブログ 【新宿二丁目】

レズビアン・ゲイ・おかま・おなべ・ニューハーフ・バイセクシャル・トランスジェンダー・ニューハーフ・ドラァグクイーンのゲイフレンドリーな不動産屋のブログです。 あくまで趣味のブログですので、お仕事のご要望にはそえない場合があります。

2010年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

あなたとわたしの黒歴史@同性愛サロン

87 :陽気な名無しさん:2010/04/10(土) 20:54:13 ID:x9unWqp10
アタシね。長い無職の期間を経てやっと工場事務に転職できたの
でね、ある時現場が忙しいから現場の手伝いを命じられたのね
嫌だけど手伝ったわ。工場の中は埃っぽくてセキをしてたら
従業員が防塵マスクを渡してくれたの
それを着用したらジブリワールドが脳内に展開して
ついつい裏声で情感込めて

ユパ様ぁ!

っていっちゃったの。そしたらすぐ後ろに人がいてビックリ!!
たぶん工場の音で掻き消されたみたいで
気づいてない(気づかないフリ?)みたいだったけど死ぬかと思ったわ

88 :陽気な名無しさん:2010/04/10(土) 21:02:28 ID:5xxKhDZMO
そこで笑いながら、ポーズして、マスクをして
「っ少し肺に入った」
って言わなきゃダメよ

90 :陽気な名無しさん:2010/04/10(土) 21:41:16 ID:AvoaHatj0
>>88
あたしも絶対それやると思うわw
あと近所の犬とかにカイにクイ元気だったぁって頬ずりしてしまうわねwww
おびえてるだけなんだよねっ
この子私にくださいなって

91 :陽気な名無しさん:2010/04/10(土) 21:51:53 ID:x9unWqp10
よかった。みんなナウシカのあの純真な少女を
心に持っているのね。アタシだけかと思ったわ

女を演じるならビッチより清純派を選ぶわ。

93 :陽気な名無しさん:2010/04/10(土) 22:07:17 ID:baulEcBu0
あたしはナウシカのセリフの中で日常的によく使うのは
「セラミク刀がかけちゃった」だわ。

95 :陽気な名無しさん:2010/04/10(土) 22:27:35 ID:AvoaHatj0
あたし寝る前は 「もう寝ましょ あした、たくさん、飛ばなきゃ...」
ってつぶやいてから眠りに入るの。

103 :陽気な名無しさん:2010/04/10(土) 22:56:50 ID:AvoaHatj0
じゃあ、あたしんちセラミック包丁だから今度欠けたら使わせて頂くわw

104 :陽気な名無しさん:2010/04/10(土) 23:01:38 ID:baulEcBu0
やだうらやましいわw
あたしもセラミックの包丁に変えるわw
なんとしてでもかけさせてみせるわよ。

| 2ちゃんねる@同性愛 | 16:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「法王印のコンドーム」!?公式文書の提案で英外務省が陳謝

【4月26日 AFP】9月に予定されているローマ法王ベネディクト16世(Benedict XVI)の英国公式訪問の準備担当の英外務省職員が、訪問時の公式行事案として、中絶クリニックの開設や同姓婚の祝福、「法王ブランドのコンドーム」発売といった提案をしていたことが発覚し、英外務省が24日、公式に謝罪した。これを受けてバチカンは25日、「問題は解決した」との声明を発表した。

 この問題は、英紙サンデー・テレグラフ(Sunday Telegraph)が入手した「理想的な訪問とは」と題された英外務省の公式文書の中に、法王に中絶クリニックの開設や同性愛者の結婚の祝福、「法王ブランド」のコンドームの発売発表、「危険な司祭をクビにする」ことでカトリック聖職者の児童虐待問題への強硬姿勢を示してもらうことなどが提案されていたもの。

 文書に付けられたメモによると、これは3月5日に行われた準備担当者の会議で行われたブレーンストーミング(集団発想)の中で出された意見で、いくつかの発案については「現実離れしている」とのただし書きがあった。

 文書について英外務省は24日、「まったく愚かな文書だ。英政府ないし外務省の政策でも見解でもない」として陳謝し、問題の意見を出した20代の男性職員を法王の訪問準備担当から外したことを明らかにした。デービッド・ミリバンド(David Miliband)外相は「がくぜんとした」とのコメントを発表。また、フランシス・キャンベル(Francis Campbell)駐バチカン英国大使がローマ法王庁の高官に直接謝罪した。

 伊ANSA通信によると、こうした動きを受けて法王庁のフェデリコ・ロンバルディ(Federico Lombardi)広報局長は25日、「われわれにとって問題は解決した」と述べるとともに、この問題が9月の法王訪英に何らかの影響を及ぼすことは「絶対にない」との見解を示した。

 これに先立って英紙タイムズ(Times)電子版は、ローマ(Rome)では文書に対する「激しい怒り」が湧き起こっており「今や法王の訪英そのものが危ぶまれる」との情報筋の見方を報じていた。(c)AFP
もと記事

| 同性愛ニュース | 11:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「同性愛者祝福を」英内部文書で法王からかう

【ロンドン=鶴原徹也】ローマ法王による今年9月の初公式訪英の受け入れ準備を進める英政府で、法王訪問時に「同性愛者の婚姻を祝福してもらう」「中絶病棟開設に立ち会ってもらう」など、法王の立場に相反する「要望」が内部文書として回覧されていたことが25日判明した。

 英外務省は「英政府の見解ではない。無分別で無礼な文書だ」として法王庁に謝罪した。

 25日付のサンデー・テレグラフ紙が特報した。

 それによると、「要望」は法王ベネディクト16世の訪問に向けた3月上旬の受け入れ担当者会合で発案された「自由意見」。外務省職員がメモにまとめ、首相府や関係省庁の高官に配布した。

 要望には、「聖職者による児童の性的虐待問題で法王により断固とした立場をとってもらう」といった普通の内容のものもあったが、「ベネディクト印コンドームの発売開始」など、避妊を認めない保守的な法王をからかう提案が多かった。

 英外務省はメモを配布、回覧させた同省職員を処分したという。

(2010年4月25日20時38分 読売新聞)

| 同性愛ニュース | 10:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |