新宿御苑の不動産屋ブログ 【新宿二丁目】

レズビアン・ゲイ・おかま・おなべ・ニューハーフ・バイセクシャル・トランスジェンダー・ニューハーフ・ドラァグクイーンのゲイフレンドリーな不動産屋のブログです。 あくまで趣味のブログですので、お仕事のご要望にはそえない場合があります。

2010年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

「面白くなって…」男子生徒に痴漢の教諭懲戒免職

今回は大阪!!!

 大阪市教育委員会は24日、電車内で中学2年の男子生徒(14)の体を触ったとして、大阪府迷惑防止条例違反の疑いで逮捕された市立小学校の男性教諭(30)を懲戒免職処分にした。

 市教委などによると、教諭は4日午前7時ごろ、JR関西線の快速電車で通学中の男子生徒の下半身をズボンの上から触った疑いで現行犯逮捕され、翌日釈放された。

 市の聞き取りに対し、教諭は「手が当たっているうちに面白くなって、いたずらしてしまった。申し訳ない」と話したという。

もと記事

| 同性愛ニュース | 14:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

レズビアンを理由にプロム中止は人権侵害、米連邦地裁

【3月24日 AFP】米ミシシッピ(Mississippi)州フルトン(Fulton)で、レズビアンの女子生徒が自身の高校のプロム(卒業記念ダンスパーティー)にタキシードを着て女性の恋人を連れて参加しようとしたところ、高校側がプロムを中止したとして訴えていた問題で、米連邦地裁は23日、学校側は女子生徒の人権を侵害したとの判断を下した。

 裁判所は一方で、保護者らがすでに全生徒を対象とした「私的な」プロムを開く準備を進めていることから、学校主催のプロムを開く必要はないとした。

 この生徒は、コンスタンス・マクミレン(Constance McMillen)さん(18)。マクミレンさんは今月、高校側からプロムにはドレスを着用し、男性の相手を連れて参加するようにと言われたことを受け、女性の恋人を連れて行く権利を侵害されたとして通学区を訴えていた。この裁判は、全米で大きな注目を集めていた。

 マクミレンさんは、不当な差別を受けたとする自らの主張を認めてもらえて「すごく気分がいい」と心境を語った。さらに、「わたしが高校側に望んでいたのは、プロムに参加することを望むほかのカップルと同じように、わたしとわたしのガールフレンドを扱ってもらうことだった」と語った。

 裁判でマクミレンさんの代理を務めた、米人権団体「米国自由人権協会(American Civil Liberties Union、ACLU)」は、今回の連邦地裁の判断について、「学校で不当な扱いを受けずに自分らしくあることを望む、すべてのレズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーの生徒たちにとっての勝利だ」とする声明を発表した。(c)AFP

もと記事

| 同性愛ニュース | 11:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |