FC2ブログ

新宿御苑の不動産屋ブログ 【新宿二丁目】

レズビアン・ゲイ・おかま・おなべ・ニューハーフ・バイセクシャル・トランスジェンダー・ニューハーフ・ドラァグクイーンのゲイフレンドリーな不動産屋のブログです。 あくまで趣味のブログですので、お仕事のご要望にはそえない場合があります。

2009年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

篝火に浮かぶ幽玄の世界 「新宿御苑・森の薪能」

 新宿の秋を彩るイベント「新宿御苑・森の薪能」が、10月11日(日)午後6時15分から新宿御苑・イギリス風景式庭園(内藤町11)で行われた。今年で25回目を数える薪能は天候にも恵まれ、約3,500人が篝火の中に浮かび上がる幽玄の世界を堪能した。

1011-12.jpg


 今年は、観世流観世銕之丞師をはじめ、狂言和泉流の野村萬斎師による当代最高峰の演者、演目を用意。
 夜間の新宿御苑で行う薪能は、日没とともに冷え込んでいく中での鑑賞となる。それでも観客は会場を取り囲むような虫の音を楽しみながら、最後まで熱心に古典芸能の世界を鑑賞していた。

 演目・演者は以下のとおり。
■狂言:「業平餅(なりひらもち)」…野村萬斎(のむらまんさい)、野村万作(のむらまんさく)(和泉流)
■能:「葵上(あおいのうえ)」…観世銕之丞(かんぜてつのじょう)、森常好(もりつねよし)(観世流)

 10月2日(金)には、四谷区民ホール(内藤町87)で子ども向けのワークショップが開催され、区内の小学生約60人が参加した。
 子どもたちは普段目にすることが少ない古典芸能の世界に、目を輝かせながら、能の型の基本である摺り足などを体験した。滑稽な物真似劇である狂言では、時折笑顔も見られ、有意義な鑑賞となった。

 問合せ 新宿区観光協会 電話03-3344-3160

もと記事

もうすっかり秋ですね!
と言う事でグラコロの真実↓

o0800072710213717429_convert_20091013164345.jpg

◆ブログランキングです、ポチッとお願いします!


| 新宿区ニュース&事件 | 16:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新宿のまち全体が劇場に ~新宿芸術天国2009

 10月 11日(日)、 新宿駅を中心とする東西南北の複数の会場を舞台に「新宿芸術天国」(主催:新宿芸術天国運営委員会、共催:新宿区ほか)が開催された。この催しは、10月1日から開催中の「第30回大新宿区まつり」の中でも最大のイベント。新宿のまちを劇場に見立て、さまざまなジャンルのパフォーマンスが繰り広げられた。

1011-02.jpg

 澄み切った青空の下、催しは午前11時からのパレードで幕を開けた。小学生や大学生の吹奏楽団などが新宿通り・明治通りの交差点から工学院大学前までを行進。一糸乱れぬ行進と迫力のある演奏に、道行く人は足を止め、大きな拍手を送っていた。

 午後1時からは、新宿駅周辺の11会場で「新宿芸術天国フェスタ」が始まり、吹奏楽・民俗芸能・パントマイムなどのさまざまな演奏・演技が人々を楽しませた。
 さらに、歩行者天国となった新宿通りでは、「ヘブンアーティスト イン 新宿」が行われ、レベルの高い大道芸の数々が披露された。東京都公認のヘブンアーティストによる演奏・ジャグリング・マジックのほか、フランスからやってきた「シルクバロック」のサーカスや中国雑技芸術団の妙技など、多彩な内容で見物客を魅了していた。また、白い長身の「Slayers(スレイヤーズ)」が現れると、周囲は物珍しそうにカメラを構える人で溢れかえった。

 毎年この催しを楽しみに訪れるというご夫婦は「中国雑技芸術団の迫力のある演技に圧倒されました。まち全体がお祭りムードで、次は何を見ようか楽しみです」と笑顔で話してくれた。

問合せ:大新宿区まつり実行委員会事務局 電話03-5273-4069

もと記事

| 新宿区ニュース&事件 | 11:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |